上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






20050427234517s.jpg

何があっても挫折しそうも無いジェニファー・ロペス
スーザン・サランドン演じる奥さんの存在感
これ以外はかなりオリジナルに忠実。
何度も読んだ本を押入れから久しぶりに見つけて読み返した感じ。

1本の赤いバラ+リチャード・ギアは素敵でした。

楽しめたということで【好き】に入れました!
スポンサーサイト






外国語映画賞を受賞した作品。
尊厳死という重いテーマの映画です。
大好きな人の【死】に大好きだからこそ力を貸す。
それぞれ態度や言葉は違っても優しい人たちの映画でした。
【死】を扱ったモノなのに後味は悪くない、そんな映画です。






最優秀メイクアップ賞ですからね。
ジム・キャリーはいろいろ見せてくれます。

おとぎ話・・・とびだす絵本のようです。

芸達者で素敵な役者さんがいっぱい登場してます!






良かった~♪

主役の男の子の美形と美声にすっかり参りました。

ずーっとカワイイ、もう1人の主役とも言えるちいさな男の子も
最後にまた可愛くて...(*^_^*)

でも一番は、コロンと可愛い、まるで日本人のような
マチュー先生でした。







ちょっと期待しすぎだったのかな...

「記憶は消せても好みまでは変えられない」というお話。

今までと違う感じでふつーのジム・キャリーは結構いいかも。
ケイト・ウィンスレットもいろいろ見ているウチに
前よりずいぶんと良く見えてきたよ。








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。