上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






バイオレット

カラフルなのにひんやりとした映像、
あれやこれで見たことのあるような戦闘シーン、
ミラ・ジョヴォヴィッチすらCGのように見えるよね。

後半に入りストーリーがよく解らなくなって、
久しぶりに睡魔が...(+.+)(-.-)(_ _) ..zzZZ

ミラ・ジョヴォヴィッチのファン、
ミラ・ジョヴォヴィッチお腹をたっぷり見たい人にだけ、
    
                ・・・オススメします。
スポンサーサイト






[とっさの絵日記]あさこさんからバトンを受け取りました!

Q1:持ってるDVD、あるいはビデオの数。

A.ビデオはディズニーやジブリのモノですね。
  …これは子供達用。すっかり大きくなってちっとも見なくなっちゃったけど。
  DVDは限りなく100本に近い数
  …といっても私だけのモノではなくて家族5人での所有です。


Q2:お気に入りの監督・俳優・脚本家などの映画人(5人まで)

A.お気に入りとは少し違うかもしれないけど、
  ワタシの中で確実に映画と結びつく方々です。
  ・・・ちょっとヒネリ過ぎかな?

  淀川長治さん
  日曜日の夜に、映画の後、
  『さよなら、さよなら、さよなら』の直前まで熱く語るおじさん。
  子だった私にも映画好きが伝わってきました。
  [映画]から連想できちゃう一番の人です。
  
  おすぎです!
  薦められると確かめたくなる。
  何となくですけど、信用してます。

  戸田奈津子さん
  最後に【字幕 戸田奈津子】を見ると安心しちゃいます。

  遠藤憲一さん
  劇場用予告・TVCMでのナレーションの渋くて低い声。
  「観に行こう!」と思っちゃう!

  津嘉山正種さん
  吹替え版『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』のアスランの声。
  すごく好きな声です!


演じる人から選ぶと。。。
   ジョニー・デップ
   ゲーリー・オールドマン
   ショーン・ペン
   ロビン・ウィリアムス
   スーザン・サランドン

  
  
Q3:一番最近見た映画

A.試写会で、『M:i:Ⅲ』観てきました!


Q4:人生で初めて観た映画

A.たぶん…春・夏・冬の休みに観た漫画映画なのでしょうけど、
  しっかり最後まで見たと記憶にあるのは(TVでですけど)...『オズの魔法使い』かなぁー


Q5:今、観たい映画

A.『パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンズ・チェスト』
  早く観た~~~い!!


Q6:何度でも繰り返し見てしまう映画、あるいは特別な思い入れのある映画(5本)

A.5本選べずに。。。勝手に5ジャンル+1というコトにしちゃいました!

1.熱狂的ではないですがジョニー・デップが好きなので。。。
  とにかくジャック・スパロウが良いのです!
  そして、おだやかな フツーな ジョニー・デップも良いです。
  「パイレーツ・オブ・カリビアン」
  「ショコラ」


2.このタイプの映画はハズセナイのです。
  「シックスセンス」
  「アザーズ」


3.切ない大人の恋物語なのです。
  「ローマの休日」 
  「アンナと王様」


4.ディカプリオファンではありません、脇を固めるおじ様達が好きです。
  「仮面の男」

5.視覚効果にめっぽう弱いのです。
  「奇跡の輝き」
  「タイムマシン


+1.ホントは何度も見たいけど、小・中学生と一緒には見てられないシーンがあるのです。
  「レオン」
  「ショーシャンクの空に」
 


Q7:バトンを回したい人
とりあえずゴールへ駆け抜けます!
バトンは空高く放り投げますので、受け取ってみようという方は
怪我をしないようにしっかり捕まえてくださいね。








mi3

イーサン・ハントの戦術もかなり見慣れてきちゃって...
目新しさはありませんけど、あれもこれも無きゃ寂しい。
それぞれが少しずつバージョンアップしてますけどね。

舞台も設定も悲惨さも全く違うけど、
ハッピーエンドなナイロビの蜂って感じ…かな?

痛みにも、恐怖にも、多少の秘密にも、最後に強いのは【 女 】ですね。






なんと邦画・・・子供たちにも驚かれちゃった。

デスノート①

実は、結構、藤原竜也くんファンなのです...
それと【L】役の松山ケンイチくんがすご~く気になって、
ドラマで見た彼とあまりにも違うから、どんな風に演じてるのか見たかった。
漫画は全く見たことがないので、
それぞれの役にイメージなど持っていない分すんなり見れたのかな。
深爪のライト・・・藤原竜也くん。爪噛んでる?
松山ケンイチくんの【L】はピッタリ!(漫画知らないくせに)
私がこの映画を面白く観られたのもこの【L】のおかげかな。

デスノート②

これも、なかなか、面白かったっす!

後編も観に行きます!







ダ・ヴィンチ・コード①

面白かったです!

頭が痛くなるほどに難解なのかと思ったら、
そうでもなく…深く考えてないから?
宗教の奥深さは完全に無視した感じですが。


ダ・ヴィンチ・コード②


なので薄っぺらく上辺だけを、
謎解きサスペンスとして楽しんできました♪







ポセイドン


水に、炎に、攻め立てられて、息苦しかった!
少々短い上映時間109分・・・短くて良かったわ!

CG映像と解っていてもドキドキハラハラしちゃうね。

何かの時の為に。。。生き延びたいなら。
痩せてないと抜けられません!
どんな時でもドレスはやめましょう!
(もしくは脱ぎ捨てる覚悟を持ちましょう)
最後はダメです。早めに渡りましょう!

ゴチャゴチャ言わずに楽しみましょう! って言う映画です。







バラバラとあちこち話が飛んでって、
こういう「訳のわかんない映画」好きです!

遠い記憶と過去と未来とが入り混じって、
ドコをとってもふわふわとしたつかみドコロのない映画。

現実として実感できるのは最後の数分だけ。

それでも好きなんだよねぇー こんな映画。


初めて会ったのに何故か懐かしい気持になる。
自分の周りにいるすべての人が、
過去に、未来に、どこか別の場所の別に時間に、違う立場で、
ちょこっとずつ関わりを持っていた人なのかもしれないね。



・・・追記

公式サイトを読んでの感想は違ったものになったけど
映画を観ただけの素直な感想のままで良い事にした。






1967年の映画「卒業」と その後がストーリーの軸。
ありえない設定 って言うか あってはならない関係 に少々驚く!

可愛い過ぎるおばあちゃん=シャーリー・マクレーン

あってはならない関係を築くおじさま=ケヴィン・コスナー

最後の最後にカッコ良いのはお父さん=リチャード・ジェンキンス

それでいいのか!ってほど優しすぎる彼=マーク・ラファロ

主演のジェニファー・アニストン、ワタシの中ではブラピの元奥様というだけで、
あまり作品を見たことがないのですけど…特に感想無し!(ファンの方には ゴメンナサイ)

母親の友達役でキャシー・ベイツがちょこっと出てるんですが
やっぱりあの迫力がカッコイイ~!!

味のある役者さんを楽しんで、久しぶりに軽~く観ました。

・・・それにしてもこの邦題、どうなの?


【映画の日】と【共済センター割引券】のダブル攻撃で800円で観ちゃいました!







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。