上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






星条旗-1

戦争

戦う・争うのは国。
その場にいる人たちはそんな言葉では済まされない。
殺し合い...殺さなければ殺される...人を殺しにいくのです。
それを思い知らされる残酷で目を背けたくなるシーンが多く映し出されます。

星条旗-2

旗を掲げるその行為から【英雄】として迎えられる3人の姿。
英雄=広告塔
受け入れる者、淡々とこなす者、苦悩する者。
どれもそうだろうと思わせる姿でした。

限りなく現実に近い映像。
写真を見て驚かされました。
エンドロールをこれほど真剣に観たことはないかも...



星条旗-3

どこかで見た顔と思ったら...
『リトル・ダンサー』の主人公ビリー・エリオット役だったジェイミー・ベルくん。
スポンサーサイト






ユナイテッド・シネマ札幌にて貯まったポイントでタダ観してきました!

アンノウン1
ジム・カヴィーゼル (エンジェル・アイズ/パッション)

アンノウン2
バリー・ペッパー (ワンス・アンド・フォーエバー/父親たちの星条旗)

アンノウン3
グレッグ・キニア (ユー・ガット・メール/ワンス・アンド・フォーエバー)

アンノウン4
ジョー・パントリアーノ (グーニーズ/マトリックス)

アンノウン5
ジェレミー・シスト (...この人はよく知らない)

名前を聞いただけでは顔が思い浮かばないかもしれない
渋~い役者さんが出ているトコロがなかなか良いです。

密室。
油や埃の臭いのする倉庫のような工場のような場所でのお話ですが、
「だから警察は無能なんだ」とキョンキョンに言われてしまいそうな
頼りない捜査の場面のおかげで観ている私たちは度々外に出て
よい空気を吸うコトができます!



『ソウ』に似てるっていう感想が多いけど、
私は『ソウ』を観てないので素直に楽しめた。
短い時間で終わるトコロも楽しめる理由のひとつだね。







『 2006 映画観てきました♪ 』 のみやっち ちゃんが、
「試写会に当たったからあげるよ」と気前よく私にくれた前売り券
…しかもアトマイザーまでくれました!…で観てきました!
みやっち Thank You!


プラダ


中身はおしゃれ満載…画像もいっぱい載せます!


プラダ1


オープニングのシーン。
完璧なおしゃれは本人の美しさはもちろんのコト、
下着・服・靴・アクセサリー・彼 etc
すべてのパーツに気を抜かずに作られるのね。
・・・始まりから楽しめました!


プラダ2


アン・ハサウェイ演じるアンディのおっとりとした、これと決めたらなんでも吸収しちゃう素直な感じが、
“プラダを着た悪魔”ミランダメリル・ストリープ の貫禄を更に際立たせていました。 


プラダ3


キュートでおしゃれなアン・ハサウェイはとても可愛いのですが、
疲れたすっぴんと最後の笑顔で文句なくメリル・ストリープの勝ち!ですね。


プラダ4


これほどの仕事と引き換えにするぐらいの彼には、
いくら対比と言えども、もう少し小奇麗でいて欲しかったなぁー


プラダ5







オープニングの映像・音楽、もちろん言葉や会話も良かったなぁー


最終的には親子愛の映画かな?

タバコの話ですが煙草には無縁の私でも
煙たがらずに観ていられたのは喫煙シーンが無かった(記憶違いかな?)からかな?

サンキュースモーキング

「情報操作の王」が引っかかる相手にしてはケイト・ホームズでは物足りない気がするけど...






夜神 月に扮する藤原竜也くんももちろん良いのですが、

デスノート月

愛のある死神レム(声=池畑慎之介さん)も気になる存在ではありましたが、

デスノートリム


でも、
やはり、
私の『デスノート』の一番は彼です!
【L】になりきった松山ケンイチくん。

デスノートL

座り方も 目線も 指も 和菓子も ひょっとこも、
全てに、また、今回もハマりました!



死神の声を演じた リューク=中村獅童さん、レム=池畑慎之介さん
CGではなくご本人登場でも良かったのではと...思うのは私だけかな?







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。