上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







「天空の城ラピュタ」みたいな空を飛ぶ海賊船。

そして、この下にいる 個性的なうすーい方々。

この2つにハマりました!

スターダスト3

ストーリーには感動はありませんけど、
流石にすごいこの2人、
ロバート・デ・ニーロとミシェル・ファイファーが楽しませてくれます。

スターダスト2

スターダスト1


そして、予告を見たときから何だか納得いかないこの2人の主役。
なんて言うか、
キラめかないって言うか、
最後までその思いで見てました。

スターダスト4




スポンサーサイト








色の美しさを楽しむ。


切り絵のような影絵のような絵本のような...
平面的な印象なのに表情は豊か



青い葉が茂る木の場面も好きだけど、
小さな王女とアズールが木に登った夜の場面がスキでした。

アズール2

アズール1


ちっとも分からないアラビア語が何故か心地よくて不思議。









悲しみから逃げるために薬におぼれる。
ボロボロの身体で歌うために薬を打つ。

老婆のような姿の47歳の死。

歌えたこと。
出会えたこと。
それは幸せに繋がっていかなかった...

エディット・ピアフ 2
エディット・ピアフ 3
エディット・ピアフ 1

自分から見た自分自身?
わがままで人を振り回す。
それでも最後のステージを見守る人たちはとても暖かい。
本当はこんな人ではなかったということか...

見ているこちらも、
行ったり来たりの時間に振り回されて少し疲れた。

最後の瞬間に居合わせた…そんな気にさせられた。




それにしても、
エディット・ピアフの人生を演じたマリアン・コティアールは凄い!









公開2日目 日曜日の朝一番
覚悟して出かけたらメチャ空いていて驚いた!
そうだよね。ココは土・日の朝割はやっていないから、
他の劇場へ出かけるはずだわ。

…そんなワタシはポイント貯めてタダで鑑賞♪




楽しかった♪

ヘアスプレー1

周りを幸せにしてくれる笑顔と体型。
観ているこっちも何だか嬉しくなっちゃう。



ヘアスプレー2

音楽が鳴り出すと自然に身体が動いちゃう...
コロコロ・ポンポンと良く弾むゴム毬みたい♪
トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)が可愛い。

人種差別問題からパパとママの喧嘩まで、
まっすぐに向かっていくまん丸な正義の味方。





お母さんは ジョン・トラボルタ…アイロン掛けてるし。
お父さんは クリストファー・ウォーケン…妖しいおもちゃ屋はピッタンコ。


ヘアスプレー3

大きな身体で身軽に踊るトラちゃん。
クリストファー・ウォーケンも前に誰かのPVで踊ってたのを観た気がするけど...

悪役おじさん二人が仲良く踊っていると思うとそれだけで楽しいよね。




ヘアスプレー5

きらきら大きなこの親子…笑顔と食べ物が良く似合う。




クイーン・ラティファ
側に居たら絶対にもたれ掛かってしまいそう...
頼れる存在 クイーン・ラティファもピッタリな役で登場。




明るく楽しく元気良く
もう一度観たいと思える作品です。









うーん、感想が難しい。

『Helpless』 『ユリイカ』 どちらも見ていません。


サッドヴァケイション1


優しさ・強さ・恐さ
家族・人との繋がり・自分の存在
いろんなコトを考えさせられる映画です。

ほら、難しいでしょ。


サッドヴァケイション2

浅野忠信/石田えり/宮崎あおい/板谷由夏/中村嘉葎雄/オダギリジョー
光石研/斉藤陽一郎/辻香緒里/川津祐介/とよた真帆
嶋田久作/豊原功補/山口美也子/高良健吾

かなり豪華なキャストです。






浅野忠信さん。 
残念な事に台詞が聞き取りづらくって...「今なんて言った?」みたいな感じ。

宮崎あおいさん 辻香緒里さん。 
この二人が着ている服がふわふわとした感じで可愛いの。

板谷由夏さん。
最近ニュース番組でキャスターもされていますよね。
そこで見た彼女も、この映画の彼女もかなり好印象。最後までとても可愛い女性です。

川津祐介さん。
脇役の中でもかなり印象的…優しそうな笑顔で話すけど裏もありそうで。

オダギリジョーさん。
短い出番で浅野忠信さんに負けない存在感…でも聞き取り易さで勝ち!

最後に石田えりさん。
ホント、いつ見ても、ワタシ、“恐い”んです。 画面に現れるだけで緊張します。
今にも爆発しそうな何かを持って、
なのにふつーに暮らしてる…そんな人に本気で見えちゃいます!












情熱的な眼差しと飛び込んでくる色彩
たたみかける会話
チュッチュ チュッチュと続く挨拶に惑わされてしまったけど...


ボルベール<帰郷>


中身はかなりドロドロで、
「私がやった事」にして、凍らせて、埋めて...
このまま進んでしまっていいのか? この事件はどう片付けるんだ?
と、私の頭に中に???を残したままに進みます。
(たぶんココでこんな風に感じてはダメな映画なのだろうね)

・・・なのに何だか楽しかった。
(もしかして、これもダークファンタジー?)


自分にも とても重い過去があるから どんな出来事にも動じない。
美しく強い母を演じたペネロペ・クルス。
ペネロペも母親も娘も・・・若くても年取ってても、オンナってスゴイよね!








なんの気なしに観た1作目が意外と面白かったので、
2作目も観に行ってみました。





いいの、いいの。

ニコッと可愛いジェシカ・アルバを見ただけで...

ファンタスティック・フォー銀河の危機

シルバーサーファーも何だかカッコ良かったしね。

お話のほうは・・・ただただ楽しめば良いのです。




でも。
日本らしからぬ日本には、ちょっと笑えないかな...








第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。
そこで見た短い映像にかなり惹きつけられた。
そんなワケですごく観たいと思っていた作品。

さてさて「ダークファンタジー」ってどんなだろう?




切なく苦しい不思議の国のアリス...

おとぎ話って言うのは本当はかなり残酷なもの。

パンズ・ラビリンス2

1944年、内戦終決後のスペインが舞台。

子供が暮らすには暗くて辛くて切なくて...そんな時代。
逃げたい現実世界から不思議な世界へ。
でもそこにも試練が待っていて、簡単にはたどり着けない。


想像とはまるで違う映画。


リアル過ぎるダークな世界・・・現実
夢の世界・・・ファンタジーさえも過酷

どちらの世界も本当に子供にさえも優しくないのだ。


辛く悲しい戦争の時代のお話なのだ。
子供が空想の世界に逃げ込むしかない時代のお話なのだ。


「ダークファンタジー」
直視できないほど痛い残虐な場面。
これから見に行かれる方は覚悟して行ってください。
…PG-12ですが、中2の娘には見せられないです…




パンズ・ラビリンス1



助けたい人が居て、救おうとしてくれた人が居た。
それだけでも彼女は幸せだったと信じたい。
そして、もちろん、これから先も幸せに...別の世界で。









いろんなことに、才能ってあると思う。
料理を作るコトも 子供に好かれるコトも 人と暮らすコトにだって...

気づかないまま、自分には必要無い、と思っていた才能が
何かのきっかけでひょっこり表に出てくることもある。

いくつもの才能とたくさんの幸せ

幸せのレシピ

完璧に一人頑張ってきたケイトより 
母に愛されて、二人で暮らしてきた姪っ子のゾーイの方が
ちょっぴりオトナだった気がします。

肩の力が抜けて柔らかくなった・・・と言うより、
ケイトが人と調和して…料理と一緒ね・・・大人になっていく映画でした。



ドアに張ってあった『おてもと』
旅行先で友達に出会ったみたいで、(笑)驚いたぁー








まぁ、確かに、こんな母はウザい感じではありますけど...

『恋とスフレと娘とわたし』

それでもね。
親なんて、
母なんて、
程度の差はあっても、こんなものでしょう。

まして、母一人で娘3人を育て上げたとなれば、
なんとしても自分が元気なうちに末娘の幸せな姿を見たい
とも思うでしょうね。


結局はその娘より先に自分の幸せを手に入れてしまったから
少しは気楽に娘のことを見守れるようになったでしょうけど。


“ラブコメ”は得意なジャンルではありませんが、
深く考えずに気軽に笑う・・・も良いですわ。






ガブリエル・マクト

『ママの遺したラヴソング』でなかなか良い感じだったガブリエル・マクト
今回も、悲しげな表情とかがなんとも言えず良かったですね。










「包帯一本巻いて世界が変わったらめっけもんや」

包帯クラブ2

目と前歯がウチの息子に似てるかも...
なんて思いながら柳楽優弥くんのアップを見てました。

帽子かぶったら可愛いじゃん!なんて石原さとみちゃんを見ました。

貫地谷しほりさん、とても上手ね。




心の傷に包帯を巻く。
「包帯クラブ」のメンバーも、そこに依頼する人々も
大きさ重さは違うけど包帯を巻いてほしい傷を抱えています。

包帯を巻かれた映像に何だか正直癒されます。
「痛いの痛いの飛んでけ~」みたいで...

何かのきっかけで、ほんの小さな出来事で心が軽くなる事もある。
...その人にとっては“世界”が変わるんですよね。


笑い顔も泣き顔もとても素敵!
演じていた若い役者さん全てが好印象。
ワタシも世界が変わりました。










| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。