上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








突然の事故で最愛の息子を失った家族。
調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。




交通事故の被害者と加害者

車を運転するワタシも、誰もが被害者にも加害者にもなり得る。




父親役のホアキン・フェニックス
母親役はジェニファー・コネリー

悲しみ・怒り・後悔・憎しみ・愛情
いろいろな感情が巧い役者さんによって静かに力強く演じられて、
重く暗いテーマでも見応えのある作品です。

特に、弁護士の彼が犯人とわかり復習をしようと追い詰める父の姿を
ホアキン・フェニックスがとてもリアルに演じていたと思います。

帰らない日々-4


二人の娘役にはダコタ・ファニングちゃんの実妹エル・ファニングちゃん
後悔と憎悪で自分を見失ってしまいそうになる両親に対して、
天国にいる兄に届くようにとピアノを練習する。
「音楽は天国に届く?」
受け止めて前を見ているのは幼いエマだけでしたね。

帰らない日々-3





加害者であり弁護士・ドワイト=マーク・ラファロ
いろんな理由を作っては自首することになかなか踏み切れない、
そんな気持ちも理解できないわけではないですけれど、
ふにゃふにゃとしたその感じが離婚の原因なのではと...

帰らない日々-5



被害者と加害者・その二人が依頼人と弁護士という関係になる。
こういう関係になったからこそ生まれた映画なのですが、
ミラ・ソルヴィーノ演じる被害者の娘のピアノの先生が
マーク・ラファロ演じる弁護士ドワイトの前妻というコトで、
そこまでいろいろ繋げなくてもと、正直思いますが...

すっきりと終わると言った映画ではありませんが、
だからと言って後味が悪いわけでもない作品です。



スポンサーサイト








アメコミヒーローだらけですが、
近頃のバットマンよりは漫画らしく、
スパーダーマンよりは大人で、

.面白かった♪



この見るからに動きづらそうな“アイアンマン”で最後までいくのかと思ったら、
飛んで落ちたらバラバラで・・・これはあくまで試作品・・・だよね。

アイアンマン-0


完成形はこちら。
吹っ飛び・ぶち壊し・消火され、
試行錯誤を繰り返すこの製作過程がなかなか面白かった。

アイアンマン-1


トニー・スタークを演じたロバート・ダウニー・Jr
色っぽいお気楽なお金持ちの感じがピッタリ!
そんでもって天才ってトコが更に凄い!

アイアンマン-2



アイアンマン-3

ご贔屓のテレンス・ハワードは空軍中佐。
もしかして二人目のアイアンマン?

トニーに言われればゴミも出しちゃう秘書にグウィネス・パルトロウ
かなり地味めな感じですが、控えめで信頼できて理解ある秘書さんです。



アイアンマン-4

頭とあごが逆転したジェフ・ブリッジス・・・すぐには判らなかったよ。


軍事産業・テロリスト・拉致・戦争・武器商人
背景には重いこともあるけれど、
自信たっぷりのおじさんヒーローの次の活躍に期待してます。


最後に“エンドロールのあとに続きがあります”ってご親切なお知らせが出ます。
初めて見た気がするけど・・・『インクレディブル ハルク』と同様に
次の作品へ続くってことですね。












ワタシ的には、

タムナスさん=ジェームズ・マカヴォイを見に出かけた映画。

ウォンテッド-1

あっ、それと、この人アンジェリーナ・ジョリーのこの背中も見て損はナイ。

ウォンテッド-2

車にピックアップされるトコ、「あ い む そ~り~~~」って叫ぶトコ、
オープニングから暫くは笑えるトコもいろいろあって、
その後は (∋_∈) 痛い場面が多くって・・・R-15指定です。


お話は特に新鮮味もないけれど...
映像を楽しむなら、やはり映画館で観なきゃな映画です。










たみおのしあわせはドコにあるんでしょ?



たみおのしあわせ

視線・・・結末はこの1枚の写真の中に。

それが解ってもちっともスッキリしない。



ミヤジさん、って言うか大竹しのぶさん、苦手だわ。

小林薫さん、チャランポラン、でも憎めない役、ハマりすぎ!

石田えりさんはいつ見ても迫力あるね。












舞台「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」の映画化

あれこれいっぱいおもちゃ箱。
ポンポンと飛び出す絵本。

楽しかった♪

パコと魔法の絵本-2

人間として、見た目まともなのはパコちゃんだけ...(笑)

とにかく、他は、俳優さんたちのメイクがスゴいです!

特に、妻夫木聡くん、小池栄子さんはスゴすぎ!

ホント、みなさん良く引き受けましたね。


上川隆也先先、この病院はいったい何科なの? 

“医龍”の麻酔医役から少し苦手意識が薄れた阿部サダヲさん、
お笑い担当+語り手として最初から最後まで楽しませてくれました。


パコと魔法の絵本-3


なんたって映像がキレイで...
また観たい!と思える作品です。


パコと魔法の絵本-1











あの日の指輪を待つきみへ-1


このミーシャ・バートンが、
「シックス・センス」のベッドの下の、
あの彼女だと言うので観に行こうと思った映画。
(シャーリー・マクレーンじゃなく、そこかい!とお叱りを受けそうですが...)




3人の男性が愛する1人の女性。
指輪を残し、想いを託し、約束を守り、
それぞれの思いで彼女の幸せを願うのだけれど...

あの日の指輪を待つきみへ-2

若き日の役者さんと50年後を演じた役者さんが
ワタシの中でうまく繋がらなくて、すんなり入り込めなかった...


ベルファストの丘で見つかった指輪。
そこは本当のお話というから凄いです。









厳しい顔で、一人でも戦える強い女性ばかりを演じていたジョディ・フォスターが
引きこもり・対人恐怖症・潔癖症な冒険小説家になっています。


幸せの1ページ-1
幸せの1ページ-4
幸せの1ページ-2


つっこみドコはいろいろあるけど、
アビゲイルちゃんは可愛いし、
なつきそうもない動物達がなついてるし、
まあイイかなって感じで最後まで観ました。



完璧な準備で家を出て、
たどりつく頃にはいろんなものが削ぎ落とされて
結局は身ひとつ・・・
本当に必要なモノって引き返さない『強い気持ち』 (使命感?) ってコトでしょうね。









予告・CMで見せすぎでしょう。

だって、

それだけなんだもん。

ハンコック


ハンコック=ウィル・スミスメアリー=シャーリーズ・セロン

謎って言うか、そこだけ的な二人の関係。

二人で日本に来てあちこちのTVに出てたトコも
妙に納得できた感じです。









| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。