上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








最後に光はさすものの、
気持ち良さは残らない映画でした。

ブラインドネス

ブラインドネス-0

原因不明。
次々に感染していく失明。

この最低な状況でも?
だからこそなのだろうか、あらわになるあらゆる“欲”に気分が悪い。

ひとりだけ“それを”見てしまう眼科医の妻=ジュリアン・ムーア

そうだ、この人たちには名前もなかった。


ブラインドネス-1

極限状態の人間。
この収容所は余りにもひどすぎるけど、
身勝手と欲の悪臭にすっかり落ち込んでしまって、
極限と思っても納得したくない部分が多くて...
やっぱり気持ちが良くないわ。


夫婦役の伊勢谷友介さんと木村佳乃さん。
英語には何の問題ないおふたりですが、
夫婦で軽く争う会話が日本語だったコトはとても気持ち良かった。


スポンサーサイト








全米では『グリーンマイル』を抜いて、
S・キング原作映画史上最大のヒットとなった作品。
(ワタシは何故か『グリーンマイル』には弱くって、何度見ても泣けます...)

1408号室
1408号室-1


『邪悪な部屋』に挑むのはジョン・キューザック演じるオカルト作家。

汗だくになったり、凍りついたり、
泣いて叫んで、ほとんど独りで、演じてます!

1408号室-2

邪悪なモノってヤツは、
人の、弱いトコとか、悲しいトコとか、深い傷とか、
どんどん攻めちゃうんだよね。
だから、最後は、自分との戦い。


おいおい、まさか、不思議な国のアリス?と思ったら、
流石にそうはならなかった。

ラストもなんとも意味深で...


あたりまえですが...
この面白さはやっぱり観ないと解らない!









タイ映画「the EYE」の・ハリウッド・リメイク。

画像を探していたら見つけた2枚のポスター。
どっちも良いでしょ♪ “コワソ”で...

アイズ  アイズ-0




アイズ-1

アイズ-2


盲目のバイオリニスト・シドニー = ジェシカ・アルバちゃん。

角膜移植で見えなくていいモノまで見えるようになっちゃうお話。

いつもは元気ハツラツ!で可愛いジェシカちゃんですが、
今回は目を細めぼんやり見える“それ”を確認するような
眉間にシワのお顔です。


“それ”とは・・・死者とムンクの『叫び』のような死神。
そして、角膜の元の持ち主がどうしても伝えたい未来。

“見える”コトを理解すると恐怖心はありながらも
突き止め、対処していこうとするする強いシドニー。

アイズ-4

アイズ-5

ジェシカちゃんが可愛いのでいっぱい載せてみました♪

アイズ-6

ポスター2枚はズシンとコワメですけど、
ストーリーの怖さは控えめでした。










容疑者の次はファイルで...
続けて “ X ” の鑑賞です!

X-ファイル:真実を求めて

TVシリーズに思い入れがあるワケでもないのですが、

観に出かけました♪


モルダーとスカリーの“現在”はこんな風になってたのね。
あらら。 2人の関係って、こんなでしたっけ?


お話のほうは、過度な期待がなかったぶんだけ
すんなりと楽しめましたよ。









迷って選んで観た映画。
空いているかと思ったら、予想以上に人が居て驚きました!


容疑者Xの献身

容疑者Xの献身-1

コロンボとか古畑とか、
犯人が判って始まる謎解きモノって好きではなくて、
娘たちが見ていたドラマ『ガリレオ』も真剣に見てなかったんです。


だから迷って、でも他の映画館に足を延ばす気になれず、
いつもの映画館で上映しているから、やっぱりこれかなと観に出かけた作品。



でも、これは、面白かった!
判っていても、それでも更に深くって、
東野圭吾さんの本が良いってコトなのでしょうけど、
かなり真剣に見ました!


天才の光と影・・・対照的な二人
背筋を伸ばし、警察までも動かしてしまう湯川教授に対して、
薄い壁の向こうの母と娘の幸せな音・会話に“生”を与えられた孤独な石神。

主役である福山雅治さん演じる湯川教授の活躍が物足りなく感じられるほどに、
天才数学者の石神を演じた堤真一さんがかなり良いです! 


非論理的な“愛”

全てが計算された“献身”に泣けます。











結局 ワタシも3D で観ました!

どんな手段(割引)も使えない3D映画・・・2度目
( 1度目はこちら 『ベオウルフ/呪われし勇者』

なので、3Dで見るつもりは無かったのですが、
パパさんも「行く!」と言うので、
ならば、ワタシはどんな割引より安いパパさん払いのタダ観というコトで
メガネをかけて3Dで観ちゃいました。



やっぱりこれも、3Dだし、さらに中身も、テーマパークのアトラクション。

見慣れた こんなのもリアルに迫ってきちゃいます。

センター・オブ・ジ・アース-1
センター・オブ・ジ・アース-2
センター・オブ・ジ・アース-3

不覚にも、こいつ には驚かされました!

センター・オブ・ジ・アース-4



センター・オブ・ジ・アース-8

スキなトコロはふわふわくるりの磁石岩と この場面。

センター・オブ・ジ・アース-9

「何で吹替え!?」と思ったけれど、3Dで字幕読むのはキツイよね。
だからこそ、納得できる声優さんにしてくださいな。




3Dは嫌いじゃないですけど、¥2000ってイタイですよね。
(2度ともパパさんに払わせた私が言うのもなんですが...)
レディースデイや映画の日には、せめて¥1500とかにしませんかね。
あと、前のめがねを持っていったら¥200引きなんてのはどうでしょう?
『ベオウルフ』の時のもウチにあって、すでに4個もあるんですけど...








| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。