上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







落語家・立川志の輔さんの傑作落語「歓喜の歌」の映画化。
なんだか、近頃、落語がブームですね。

12月30・31日の2日間のあたふたをギュッと楽しく見せてくれます。

歓喜の歌1

お話の中身は、結成間もないグループとベテラングループ、
ふたつのママさんコーラスのコンサート開催のお話。



なのですが、
この人・・・小林薫さんが楽しませてくれます。

歓喜の歌2

テキトーでダメダメな公務員が本気を出して頑張っちゃうと言うお話でもあります。







公開は、2008年2月。
ストーリーピッタリなこの時期に見ることができてラッキー♪
・・・って言うか、何故この時期に公開しないのでしょうね?


スポンサーサイト







sakuraiさんへ。

落語。 朝ドラといい、ホント、ブームですもんね。
古典だとお勉強も必要かと思いますが、
まずは創作落語から・・・ワタシも少し興味アリです!
【2008/03/19 15:52】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
TBありがとうございました。
あたしは、志の輔さんの落語が聞きたくなりました。
で、先日ちょうどWOWOWでやってたのですが、あの人の創作落語は、すごいっす。
生で見たいわ!
【2008/03/10 10:53】 URL | sakurai #8zie0QSw[ 編集]
kossyさんへ。

やはり12月中に鑑賞と言うのはポイントが高いようですねっ♪
映画から原作へ・・・志の輔さんの落語も聞いてみたくなります。




【2008/02/03 13:48】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
12月中に見れるなんて羨ましいです。
それでも音楽映画が大好きな俺としては満足できました。
【2008/02/03 09:37】 URL | kossy #YaTS71PM[ 編集]
えいさんへ。

はい!
12月に観ることができて、ラッキーでした♪
やっぱり、こういうのって、その気になると言うか、
気分って大事ですよね。
「戦場のアリア」も確かそうでしたよね。
タイミング良く公開したらお客さんの入りも違うと思うのですけどね。
【2008/01/24 19:23】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
こんばんは。

年末に観られたんですね。
タイミング、ぴったり。
『THE 有頂天ホテル』もそうだったけど、
なぜ年明けの公開なんだろう?
【2008/01/23 23:44】 URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/23 22:43】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


あらすじ町の文化会館に勤める飯塚主任は、半年前に市役所から飛ばされてきた典型的なダメ公務員だ。年も押し迫った12月30日の朝、飯塚主任は1本の電話を受ける。それは大晦日の夜に予定している「みたまコーラスガールズ」のコンサート予約確認の電話だった。その横で部...

 ⇒ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2009/01/04 22:05】
喜びの 歌に出てほし いろいろの  原作は立川志の輔の創作落語。とある小さな地方都市の公民館。大晦日コンサートでダブル・ブッキングしてしまった2組のママさんコーラス・グループ。 「ダブルブッキングって響きは楽しいですけど大変なことですよ。3分クッキ?...

 ⇒ 空想俳人日記【2008/03/13 22:48】
これはいい♪笑って、泣いて、大満足。

 ⇒ 迷宮映画館【2008/03/10 10:50】
立川志の輔の落語を映画化。 監督は「東京タワー オカンとボクと、 時々、オトン」の松岡錠司。 舞台は大晦日の市民ホール。 紛らわしい名前の、 ママさんコーラスグループ、 (みたま町レディースコーラス)と (みたま町コーラスガールズ)が Wブッキング。 小林薫ふ?...

 ⇒ 花ごよみ【2008/03/09 22:52】
大晦日、2組の奥様コーラスグループのコンサートがダブルブッキング。 小林薫のトボケタ演技に、名脇役女優達の競演が面白くないわけが無い、話題の『歓喜の歌』を観てきました。 ★★★★ ストーリーは予告編から想像した通り、人間の温かみが心地良い、これも“ほっこ...

 ⇒ そーれりぽーと【2008/03/09 22:38】
□作品オフィシャルサイト 「歓喜の歌」□監督・脚本 松岡錠司 □原作 立川志の輔 □キャスト 小林薫、伊藤淳史、由紀さおり、浅田美代子、安田成美、藤田弓子、田中哲司、根岸季衣、光石研、筒井道隆、笹野高史、塩見三省、渡辺美佐子、斎藤洋介、片桐はいり、でんで...

 ⇒ 京の昼寝~♪【2008/03/06 21:12】
予告の「餃子ですよ、餃子」という台詞が気になって観に行ってきました。 原作は立川

 ⇒ はらやんの映画徒然草【2008/03/01 17:29】
 日本  コメディ&音楽&ドラマ  監督:松岡錠司  出演:小林薫      安田成美      伊藤淳史      由紀さおり 【物語】 小さな地方都市、みたま町。町営のみたま文化会館に勤める飯塚主任はや る気ゼロの無責任公務員。年も押し迫った12月30日...

 ⇒ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽【2008/02/23 23:45】
人気ブログランキングの順位は? 大晦日のダブルブッキング発覚!! 誠意って何ですか? 真心って何ですか? どうすりゃいいの? この一大事。 きっとあなたの心にあかりを灯す、笑いと涙の音楽喜劇

 ⇒ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2008/02/12 23:56】
その場限りで成り行き任せのダメ公務員が過ごした 年の瀬の悪夢と奇跡の二日間?ヾ(゚ー゚ヾ)^?。。。ン?・・・「歓喜の歌」

 ⇒ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常【2008/02/11 16:47】
土曜日はイオン下田で「KIDS」を観ましたが、日曜日も

 ⇒ 欧風【2008/02/10 06:04】
歓喜の歌 完成披露試写会(渋谷CC.Lemonホール) 「ガールズが年をとってレディースになったんだ」 ■舞台挨拶 今までで一番平均年齢が高い試写会でした。。。公園通りにしては珍しい年齢層があふれていたかも。 殆どご招待らしくプレスシートをもらってるおじさ...

 ⇒ 駒吉の日記【2008/02/08 17:28】
{/kaeru_en4/}チンチン電車の中でコンサートが開けるの、知ってるか。 {/hiyo_en2/}うそ! {/kaeru_en4/}都電を借り切ってコンサートを開くことができるんだって。「歓喜の歌」の連中も、それくらい頭の柔らかさがあれば、大騒ぎにはならなかったかもしれないのにな。 {/h...

 ⇒ 【映画がはねたら、都バスに乗って】【2008/02/06 21:12】
どうすりゃいいの?・・・この一大事!ごく普通の人達が起こす、ささやかな日常の奇跡__。忘れかけた真心を歌にのせて贈る、ハートフルな音楽コメディーが誕生! 暮れも押し迫った12月30日。小さな町を揺るがす大事件は1本の電話から始まった。「明日のコンサートの予?...

 ⇒ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2008/02/05 23:17】
町の文化会館に勤める飯塚は、明日の大晦日のコンサートに、まぎらわしい名前のママさ

 ⇒ 映画細胞~CinemaCell【2008/02/05 08:42】
監督:松岡錠司 出演:小林薫、伊藤敦史、安田成美、由紀さおり、浅田美代子 「ある地方都市、市の文化会館のに大晦日予約されていたコーラスは飯塚主任のミスでダブルブッキングだった。話し合いの場を設けるがどちらも譲らない。平行線が続く中、もうどうとでもなれ

 ⇒ 日々のつぶやき【2008/02/04 15:11】
JUGEMテーマ:映画 2008年2月2日 公開 「ギョーザですよ・・・ギョーザ」・・・河北省のじゃないですから。 ああぁ~ん、これはちょっと惜しいなぁ~。 心の深い部分がジーンときて、ちょこっと笑えて良かったのですが・・・。 あらすじは ?...

 ⇒ UkiUkiれいんぼーデイ【2008/02/04 09:03】
先日落語をきいたばかりで、今度は落語が原作の映画。 これも何かの縁。 原作は立川志の輔さんの新作落語「歓喜の歌」 これはどんな落語なのか想像もつきませんが、無責任な主人公が 心にスイッチが入るきっかけが、「ギヨーザ」。 中国産毒入りギョーザで世情...

 ⇒ 徒然なるサムディ【2008/02/03 12:15】
  ☆公式サイト☆人気落語家、立川志の輔の同名落語を、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督が映画化したヒューマンドラマ。大晦日の市民ホールを舞台に、紛らわしい名前のママさんコーラスグループをダブルブッキングしてしまったことから起こ...

 ⇒ きららのきらきら生活【2008/02/03 11:59】
これぞ落語の醍醐味! 【Story】 文化会館で働く飯塚主任(小林薫)は、似た名前の2つのコーラスグループを聞き違え、大晦日のコンサートホ...

 ⇒ Memoirs_of_dai【2008/02/03 09:50】
歯間掃除をする野嵜好美。もしかしてそれは凧紐ですか?

 ⇒ ネタバレ映画館【2008/02/03 09:27】
大晦日のママさんコーラスグループのコンサートがダブルブックされていた・・・と言うシチュエーションを描いたドタバタ劇の映画化。元々は、立川志の輔の新作落語。落語は、その時代時代の風刺や庶民の生活を描いたものなのですが、こう言う現代の市民生活も落語になるん...

 ⇒ 勝手に映画評【2008/02/02 16:39】
-----これって、ベートーベンの「第九」のこと? 「うん。『第九』って日本では いつしか大晦日恒例の行事になったよね。 1984年には大阪で『一万人の第九』コンサートが開かれ、 その頃から、参加者がグッと増えたみたい。 歌の内容としても、新しい年を迎えるのにふさわ...

 ⇒ ラムの大通り【2008/01/23 23:45】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。