上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







無理やり泣かせないトコロが良いです!

テーマは目新しいモノではないけれど、
泣き顔を見せない少年ワーニャが
まっすぐに“母”へ進んで行く強さが良かった。


この道は母へとつづく2
この道は母へとつづく3
この道は母へとつづく4
この道は母へとつづく1



寒く暗いロシアの孤児院の実態がリアルに、
でも少しコミカルに描かれている。


すでに養子として旅立って行った友の母に出会うことで
明るく陽気な“幸せへの切符”より
少し物悲しい“本物のママ”への想いを強くする。



ワーニャが最後に見せた“笑顔”がいつまでも続きますように...





それにしても、ロシアのピンポーン♪
高いトコ過ぎやしません?


スポンサーサイト







えいさんへ。

TB&コメント ありがとうゴザイマス。

テーマ・タイトルからも泣かせようとする映画だろうと、
そういう心構えで観に行った映画でした。

でも、ホント、違いましたね。

「もし自分が居なくなってママが迎えにきたら...」
こんな子供らしい強い思いで字を覚えたり逃げ出したり。
前だけ見て進む少年が良かったです。
【2008/01/23 18:14】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
こんばんは。

この映画、驚きでした。
お涙ちょうだいタイプかと思ったら、
まるで違う。

悪い二人組の描き方は、
まるで寓話的だし、
かと思えば、少年の生き方はものすごくハードボイルド。

追いつめられた少年のとっさの行動に
胸が痛みました。
【2008/01/22 22:13】 URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


あらすじロシアの孤児院で暮らす6歳の少年ワーニャは、幸運にも養子を探しにきたイタリア人夫婦に気に入られるがある日、すでに養子として引き取られていった友達の母親が孤児院に突然現れたことで、自分を産んでくれた母親の存在を意識し始める・・・。感想実話をヒント...

 ⇒ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2009/04/21 08:03】
原題:Italianetz 代償は愛かお金、友情または同情・・・母をたずねて三千里とまではいかないまでも、幾多の困難を乗り越え人々に助けられ列車とバスを乗り継ぐ旅に出る~ 孤児院で暮らす6才の少年ワーニャ(Kolya Spiridonov)、ロシア辺境の孤児院なのに幸運?...

 ⇒ 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2009/03/21 20:06】
 マーマに会いたい!ワーニャ少年のひとり旅は、この強い思いで、始まった。 ? 観るまでは、辛くて、哀しいお話かと思っていた。ところが観てびっくりいたいけな6歳の少年は強くてたくましいのだ彼の母への思いは、私たちが考えている以上に大きくて深いものだった。?...

 ⇒ 銅版画制作の日々【2008/02/04 23:00】
ある少年の実話から、奇跡の作品が生まれた。世界各国の映画祭で絶賛され数々の賞に輝いた、ロシアの新悦監督による珠玉の作品。 ロシアの貧しい孤児院からイタリアへ養子に行くことが決まったワーニャ。しかし、本当のママに会いたいと思い、捜す決心をする。 ロシアの...

 ⇒ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2008/01/30 22:42】
予告編は一度しか観てなくて、どんな作品なんだろうと調べてみると、実話をモチーフにしたロシア映画なんだそうですね。新聞に掲載された実話が基になっているそうです。実際好きな私は俄然観る気がましちゃいました。近頃はエンタメ系な作品ばかり続いていたので、久々に...

 ⇒ カノンな日々【2008/01/25 22:08】
タイトルからして涙、涙の映画かと 思いました。 でも用意していたハンカチを 使用することはありませんでした。 孤児院の劣悪な環境。 お金がなにもかも支配する醜い世界。 子供達も知らず知らず周りの、 意向に沿うようにして成長していく。   この主人公ワーニャ...

 ⇒ 花ごよみ【2008/01/25 21:42】
{/hiyo_en2/}ユニシスって、ディズニーランドのエレクトリカル・パレードに出てくる企業よね。 {/kaeru_en4/}でっかい太鼓みたいな山車に、「UNISYS」って文字が光って、目立つこと、目立つこと。 {/hiyo_en2/}エレクトリカル・パレードって何度見てもウキウキしち?...

 ⇒ 【映画がはねたら、都バスに乗って】【2008/01/25 21:07】
子どもは健気でたくましい。 ロシアの片田舎にある孤児院で暮らす6歳のワーニャに、裕福なイタリア人夫婦に引き取られる話が持ち込まれる。先日観たポーランド映画 『僕がいない場所』と同じく、こちらも母を求めて孤児院を抜け出す男の子が主人公の物語。同じ時期に上...

 ⇒ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2008/01/22 23:25】
----この映画って想像ついちゃうよね。 お母さんを訪ねて、孤児院の子供が旅をするというお話でしょ。 「確かにそれはそうなんだけど、 観る前に思っていたハートウォーミングな作品とは まったく違っていたね。 この映画の舞台はロシア。 そこで育てられる子供たちは、 ?...

 ⇒ ラムの大通り【2008/01/22 22:13】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。