上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








ごく普通の夫婦。

適当でだらしない夫と、全てを“ちゃんと”したかった妻の10年間のお話。

ぐるりのこと。

上手くいかなくなって相手を取替えてしまうのではなく、
ぶつかって、見守って、ふたりで乗り越える、ふつーの夫婦の10年。
 
子供を失う事で“ちゃんとしたい妻”の心が壊れてしまう。
自分がしっかりしている事で上手くいくハズの夫婦だったから、
全てがダメになったように思えてしまう。

しっかりモノの妻・翔子は木村多江さん。
この妻を優しく受け止める頼りない夫・カナオを演じたのはリリー・フランキーさん。

この組み合わせが実に良い!

飄々と、サラリとかわすようでいてホントの所は外さないカナオを
リリー・フランキーさんがとても上手く演じている。


夫の職業は法廷画家。
幼女殺害・地下鉄サリン...実際に起きたさまざまな事件の被告たちを描く。
この法廷の様子はワタシがニュースなどで伝え聞いていた以上の
驚きを与えてくれた。
こうして見せられる90年代、本当にいろいろなことがあった10年なのだ。
心が病むのが当然と思えるほどに...



翔子が描いた天井画をふたりで寝転がって見上げる場面。
天井画の植物の鮮やかな色と同じ色使いの翔子のワンピースの細かい柄が
元気で幸せそうで、ちいさな笑顔と一緒に心に残った。


スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


この作品、評判よいですね。(^^) 特に木村多江さんが。 1993年7月。 日本画家を目指す傍ら、職を転々としている夫・カナオと 小さな出版社で女性編集者として働く妻の翔子。 カナオは先輩の紹介で新しく法廷画家の仕事を紹介される。 翔子の母・波子や兄夫婦は?...

 ⇒ 映画、言いたい放題!【2009/08/03 01:33】
じんわり心に響きました

 ⇒ 心の栄養♪映画と英語のジョーク【2009/05/12 20:43】
「ぐるりのこと。」のDVDを観ました~♪ 主演の木村多江が、昨年度の日本アカデミー賞主演女優賞を受賞してたので、かなり気になってた映画です。あまり目立つ女優さんじゃないけど、ボクはけっこう好きな女優さんだったんですよ。そんな彼女が脚光を浴びたこの映画...

 ⇒ 観たよ~ん~【2009/05/07 06:09】
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にい...

 ⇒ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2008/08/20 00:36】
小さな出版社で編集者として働いている翔子(木村多江)と、法廷画家のカナオ(リリー・フランキー)。 何事も几帳面で生真面目な妻と、女にだらしがない夫は、お互い些細な不満ははあるけれど、それなりに幸せに暮らしていた。 しかし、やがてその平穏な生活に翳りが見え...

 ⇒ カエルノセカイ【2008/08/18 00:12】
「お、動いた!」小さく膨らんだお腹に手を当て、翔子は夫のカナオとともに、子を身籠った幸せを噛みしめていた。しかし、そんなどこにでもいる二人を突如として襲う悲劇…初めての子どもの死をきっかけに、翔子は精神の均衡を少しずつ崩していく。うつになっていく翔子と、

 ⇒ 映画な日々。読書な日々。【2008/08/17 12:53】
90年代の殺伐とした事件の数々と並行して描かれる、「いろいろあるけど一緒にいたい」夫婦、10年に及ぶ希望と再生の物語・・・。

 ⇒ ルールーのお気に入り【2008/08/16 22:55】
■動機 一度見逃したレアもの映画だから ■感想 良い映画だなっと思った。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめて?...

 ⇒ 新!やさぐれ日記【2008/08/16 21:32】
     「ぐるりのこと。」 (2008年・日本) 秋葉原で起きた無差別殺傷事件の衝撃が冷めやらぬなか、繁華街へ出かけるのは少し気が重かった。都心ならどこにでもある街の風景、どこにでもある雑踏。もし人の心が透けて見えたら、きっと眩暈が止まらないだろう。見え?...

 ⇒ 好きな映画だけ見ていたい【2008/08/16 21:15】
前作『ハッシュ!』が国内外で絶賛された橋口亮輔監督が、6年ぶりにオリジナル脚本に挑んだ人間ドラマ。1990年代から今世紀初頭に起きたさまざまな社会的事件を背景に、困難に直面しながらも一緒に乗り越えてゆく夫婦の10年に渡る軌跡を描く。主演は『怪談』の木村多江と?...

 ⇒ サーカスな日々【2008/08/10 03:08】
前作『ハッシュ』でカンヌ国際映画祭ほか、数々の映画賞受賞と50カ国をこえる世界公開で話題となった橋口亮輔監督の、6年ぶりの新作!

 ⇒ なんちゃかんちゃ【2008/08/05 12:34】
普通に淡々と生活していても、 生きていれば、いろんな事がおきる! そんなカナオ(リリー・フランキー)と 翔子(木村多江)夫婦の 10年間の物語です。 法廷画家の描く現実的な絵と 翔子の描く植物の美しい日本画の 対比もなんかおもしろいです。 1993年、何事...

 ⇒ ルナのシネマ缶【2008/08/04 01:24】
□作品オフィシャルサイト 「ぐるりのこと。」□監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔 □キャスト 木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満?...

 ⇒ 京の昼寝~♪【2008/08/02 12:53】
めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。

 ⇒ ひるめし。【2008/08/02 12:24】
 ぐるりって?→自分の身の周りのこと。または、自分をとりまく様々な現境のこと。 ? 7月17日、祇園祭りの最中・・・・。京都シネマにて鑑賞しました。お客さん、さすが少なかった?みんな祇園祭で巡行見学みたいです。私は母の入院の手続き終了後、いそいそシアタ?...

 ⇒ 銅版画制作の日々【2008/08/02 09:53】
今月は試写会づいてるひらりん。 先週に引き続き、今週の平日休みもヤクルトホールにて試写会。 実は来週も予定が・・・。 近くのシネコンで映画観てたほうが空いてて楽なのにーーーー。

 ⇒ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★【2008/08/02 01:19】
 『めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。』  コチラの「ぐるりのこと。」は、6/7に公開された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの復活作となるヒューマン・ドラマです。なかなか評判がよさげだったのですが、評判に違わずいい作品...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/08/01 22:59】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。