上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







おくりびと

おくりびと-1

1日は『映画の日』ってコトで2本観て、
『イキガミ』に続き笹野高史さん登場!
どちらの作品でも心に残る言葉を残してくれています。



直接ではありませんが、
若い女性の湯灌師さんのお仕事についてお話を聞いたことがあります。
(納棺師さんと湯灌師さん、ハッキリとした違いはあるのでしょうか?)



いつ連絡があるかわからないので、お風呂にも携帯電話を持って入る事。
もちろんお酒も×

自殺や事故や発見が遅れたご遺体など、さまざまな状況がある事。

時にはご遺族の諍いも目にする事もあるとか。



一年ほど前に友達から聞いた話の記憶がなぞられて行くような映画でした。
(聞いた話の中には更に掘り下げてココには書けないようなお話もありますが...)


細やかな心遣いから女性の湯灌師さんをご希望されるご遺族も多いらしく、
ワタシのその時も女性を指名して・・・なんて思っていましたが、
映画の中のモックンの流れるようなキレイな動きを見ていたら
指名をモックンに変更しようかと思うほどにうっとりでした。



いろいろ話を聞いて思うコトはひとつ。
必要なお仕事ではあるけれど若い女性が湯灌師さんって「なぜ?」と、
話をしてくれた友達も同じ疑問を持ちその彼女に質問したようで、
友達は私の問いの答えもちゃんと用意してくれていました。

それは、
まさに、
映画の中の山崎努さん。
遺影の中の元気な頃の姿にしてあげる。
最後の姿だからキレイな姿でご家族の記憶に残してあげたい。
そこに強い思いがあるのだとのコトでした。

・・・ワタシの中で全てが重なり納得できた映画です。



おくりびと-2



広末涼子さんの奥さんは少し若い気がして、ちょっと違うかなと...
若いから 「けがらわしい!」 なんて言葉になるかな。
でも「けがらわしい!」って言葉自体は余り若くない気もするけどね。


命あるものを食して人は生きている。
生と死とは切り離せない“食べる”というコトも
重要な要素としてしっかり描かれています。


一番印象的なシーンは、お雛様を背にして
着物を着た4人の女性…奥さん・二人の娘・孫…が
棺の中のお父さんのおでこ・両方のほっぺ・鼻の頭にキスマークをつける場面。
泣き笑いの中に幸せがいっぱい詰まっている気がして好きでした。


スポンサーサイト







まだ、映画を見てませんけど、これから見に行くのを楽しみにしています。

「けがらわしい!」というシーンは何回かテレビで見ただけですけど、とてもショッキングな言葉ですよね。私は、聴いた瞬間、この言葉を使った脚本家は凄い!と思いました。死はけがれているという思いがありながらも(世代や宗教によって異なるでしょうが)、現実には誰も絶対口にしない言葉。それを言ってしまうのはとても映画的でドラマチックなシーンだと思いました。

これは「汚れ」でなく、「穢れ」でなくてはなりませんね。
アカデミー賞を取ったということで、英語に訳されているんだろうと思うんですけど、「穢らわしい」を辞書で引いても「dirty, filthy」とかで、汚いという意味しか載ってないなぁ。違うよなぁ。「汚い!」というとおかしいでしょ。穢らわしいには、もっとなんというか、宗教的な不吉な感じがある。どう訳しているんだろう?もし、単に"Disgusting!"なんて訳されてたら、奥さんの思いを半分も伝えていない感じがします。

奥さんが、だんなの職業をいやだという思いを伝えるには、この「けがらわしい」という言葉は、他の言葉ではとても置き換えられないなぁと思いました。それほど重要な台詞だと思っています。

ま、映画を見てみないと偉そうなこと言えませんが。
というわけで、英語版も見てみたい。
【2009/03/03 21:55】 URL | 牛 #-[ 編集]
ryokoさんへ。

「けがらわしい」って言葉、久しぶりに聞いて、
言葉にするとこういうコトになるんだなと
映画の中のモックンと同様に暫くカタマッタ感じになりました。

キスマークのおじいちゃん、天国の入り口でも笑顔で迎えられそうですよね。
【2008/10/17 21:38】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
TBありがとうございます。
「けがらわしい」って言葉は、ちょっと唐突で強烈でしたね。
そこまで言っちゃうか・・・とショックでした。
4人の女性からキッスでおくられたじいちゃんは、よい人生を送られたのだろうなあと、あんな風に笑顔で送られたいなぁと思いました。
【2008/10/10 00:18】 URL | ryoko #-[ 編集]
sakuraiさんへ。

“ご当地”だと評価が厳しくなりますね。
ワタシも北海道が映し出されるトキにいろいろ感じますから、
その気持ち良ーーーく解ります。
“なまら”とか“したっけ”とかそんなに言わないし。(笑)


この日見た2本の作品に登場の笹野さんですけど、
上映前の「ハッピーフライト」の予告にも出てました。
髪の毛のズレを直されて予告なのに笑いを取ってましたよ。
そしてこの役ですから、本当に素敵な役者さんです。

湯灌師さん、かなり若い女性というコトで「なぜ?」「どうして?」の疑問が...
しかもそれを長く続けていける「やりがい」ってドコにあるのだろうと。
ご遺体と遺影を見比べる山崎務さんの姿がまさにその答えと同じで、
“本物”の映画なのだなと納得の作品になりました。

>納棺する人に対して、あの映画のようなことはあるんでしょうかね。
心の準備ができないない突然の死の場合などは、
やはりいろいろあるようですよ。

ホント、大変なお仕事だと思います。
ワタシにはデキナイと思う分、尊敬の気持ちです。



【2008/10/08 21:27】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
どうもです。
場所によっていろいろと呼び名はあるのかと思いますが、同じなんではないでしょうかね。
どうしてその職業に?という疑問は持ちそうですが、決して卑下して見るような空気や、ましては「けがらわしい」などと、絶対に思わないと思います。
家族のいさかいなどに遭遇などはありそうですが、納棺する人に対して、あの映画のようなことはあるんでしょうかね。
その辺が引っかかって絶賛・・までは行きませんでした。
おまけに御当地なもんで、いろいろと不満もあったりして。
でも、やっぱ笹野さんでしたね。山崎務もいつもながらの迫力でしたが、ここは笹野さんかなっと。
【2008/10/08 19:27】 URL | sakurai #8zie0QSw[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた 一人の男。最初は戸惑うが、?...

 ⇒ おそらく見聞録【2009/09/15 14:55】
キレイになって、逝ってらっしゃい。

 ⇒ Addict allcinema 映画レビュー【2009/06/06 14:41】
    (C) 2008 映画「おくりびと」製作委員会 製作年: 2008年 製作国: 日本 日本公開: 2008年9月13日 上映時間: 2時間10分 配給: 松竹 カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD 監督: 滝田洋二郎(陰陽師 阿修羅城の瞳) 脚本: 小山薫堂 音楽: 久石譲 キ...

 ⇒ not simple.【2009/05/19 00:28】
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫、橘ユキコ、橘ゆかり、 朱源実、石田太郎、小柳友貴美、岸博之、宮田早苗、大谷亮介、諏訪太朗、奥田達士、ト字たかお、藤あけみ、山中敦史、樋渡真司、?...

 ⇒ アヤは観た。【2009/04/06 03:15】
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...

 ⇒ サーカスな日々【2009/04/05 14:39】
いのち芽吹く物語。  

 ⇒ Akira\'s VOICE【2009/03/06 10:45】
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想

 ⇒ yanajunのイラスト・まんが道【2009/03/03 23:40】
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...

 ⇒ にき☆ろぐ【2009/03/02 19:33】
2月1日(日) 19:00~ 丸の内ピカデリー3 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない。) 『おくりびと』公式サイト アカデミー外国語映画賞ノミネート記念の再上映。 公開当初は、見るかどうか迷ったが、アカデミーにノミネートされた?...

 ⇒ ダイターンクラッシュ!!【2009/02/19 01:43】
夢を諦め故郷に戻ったチェロ奏者は、 遺体を棺に納める『納棺師』になった。

 ⇒ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常【2008/12/29 21:35】
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・ いろいろ...

 ⇒ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★【2008/11/08 01:19】
 “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。  チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属していたオーケストラが突然解散し、失業してしまう。己の能力の...

 ⇒ シネマ親父の“日々是妄言”【2008/10/31 19:26】
試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、 妻と共に故郷の山形に帰ってきた大悟は、 新聞で“旅のお手伝い...

 ⇒ 映画、言いたい放題!【2008/10/23 15:46】
(9月10日、「オマケ2」追記しました)試写会が当たったので昨日行って参りました。ちょうど、昨日のお昼にモントリオール映画祭でグランプリを獲得したというニュースを聞きますます楽しみにして行きました。幼いころからの夢だったチェロ奏者になり、オーケストラで演...

 ⇒ シネマ日記【2008/10/23 09:20】
監督は『壬生義士伝』の滝田洋二郎。 納棺師…こういう仕事はあまり 今まで聞いたことがありません。 この作品はモントリオール世界映画祭で グランプリに輝いたということです。 米アカデミー賞の、 外国語映画賞部門の日本代表にも 決まりました。 チェロ奏者だった...

 ⇒ 花ごよみ【2008/10/18 09:27】
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。

 ⇒ MESCALINE DRIVE【2008/10/11 12:12】
チェロ奏者としての夢破れ、田舎の山形に帰った主人公が、 ひょんなことから遺体を清めて棺に納める納棺師となり、仕事内容に とまどいながらも次第にこの仕事への意義を見出しながら、自身が 成長していく様をえがいたヒューマンドラマ。楽団の解散でチェロ奏者の仕事を?...

 ⇒ だらだら無気力ブログ【2008/10/10 23:32】
納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか? ? 物語:「あぁこの広告、誤植だな。”旅のお手伝い”ではなくて、安らかな”旅立ちのお手伝い”。」―...

 ⇒ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2008/10/10 10:21】
私は何故この映画を見に行ったのか? 邦画はあまり見ないし、ましてや白塗り悪魔系のヘビーメタル。 今までなら、絶対見ないジャンルです。 たまたま本作のプロモーション活動をしている松ケンをテレビで見ました。 「松ケン」ってキンキラでサンバを歌って踊っていた暴れ...

 ⇒ 映画の話でコーヒーブレイク【2008/10/10 00:21】
水曜日朝10:30からの回、何と!満席です。 年齢層は高め、平日レディースデイなので女性が多いのは勿論、 年配のご夫婦連れの方々が大勢見受けられました。前の日にチケット予約してよかった{/good/} 納棺師という職業、初めて知りました。 幸いと言うべきか、祖父?...

 ⇒ 映画の話でコーヒーブレイク【2008/10/10 00:08】
幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは

 ⇒ はらやんの映画徒然草【2008/10/09 22:43】
職を失ったチェロ奏者の小林。 ふるさとの山形に戻ってともかくも職探し。 「旅のお手伝い」の求人広告に行って見たら・・・ 納棺師という仕事を通して、故人と遺族の心を繋ぐストレートなヒューマンドラマ。 そして主人公の失われた父親との、心の完了。(ネタバレあ...

 ⇒ のほほん映画鑑賞【2008/10/09 22:26】
キレイになって、逝ってらっしゃい。

 ⇒ ひるめし。【2008/10/09 09:18】
「おくりびと」製作:2008年、日本 130分 監督:滝田洋二郎 音楽:久石譲 

 ⇒ 映画通の部屋【2008/10/08 22:48】
御当地です。

 ⇒ 迷宮映画館【2008/10/08 19:21】
 第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞して以降、第81回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選ばれ、圧倒的な評判の良さ...

 ⇒ 続・蛇足帳~blogばん~【2008/10/08 19:03】
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 いってらっしゃい  また、逢いましょう 1ヶ月フリーパスポートで7本目 もっ最高っでした!!! とにかくすごい!素晴らしい!完璧です! ちょっと意外だったのは、この作品ってもっと地味で重い...

 ⇒ UkiUkiれいんぼーデイ【2008/10/08 13:22】
キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉本哲太/峰岸徹 一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽...

 ⇒ to Heart【2008/10/08 11:10】
 青木新門 の原作『納棺夫日記』を映画化  チェロ奏者が納棺師に転職。    個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (試写鑑賞)  一般...

 ⇒ 『映画な日々』 cinema-days【2008/10/08 02:51】
----この映画って、9月の公開だよね。 いま、話すの少し早くニャい? 「いやいやどうして。 この映画に関しては 内覧試写の案内がなんと2月から電話やファックスで…。 それだけ松竹としては自信作なんだろうなと 密かに期待はしていたけど、 なるほどこれはよくできてい?...

 ⇒ ラムの大通り【2008/10/07 20:48】
2008年モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。ベネチア国際映画祭に、北野武(『アキレスと亀』)、押井守(『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)、宮崎駿(『崖の上のポニョ』)の3監督の作品が出たと騒いでいる陰を縫って、こちらの作品が、別のところで世界...

 ⇒ 勝手に映画評【2008/10/07 20:13】
第32回モントリオール国際映画祭グランプリ受賞に続き、本年度アカデミー賞日本代表にまで選ばれたこの作品。納棺師という日本独特のものを描いていながら、決して職業説明だけに留まらず、宗教や国境を越えて全世界共通の「身近な者の死」の受け止め方を丁寧に描いていた...

 ⇒ めでぃあみっくす【2008/10/07 19:17】
納棺の際の死化粧と納棺の儀式を行なう「納棺師」という人の死にまつわる職業に焦点を当て、ともすれば美化しすぎたりネガティヴになりがちな題材を、ユーモアを交えつつ普遍的に描いた滝田洋二郎監督作品。 まずはともあれチェロ奏者の夢を捨てて納棺師となった主人公大...

 ⇒ 俺の明日はどっちだ【2008/10/07 16:28】
遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。

 ⇒ 水曜日のシネマ日記【2008/10/07 12:27】
映画 「おくりびと」 観ました         監督: 滝田洋二郎  2008年 日本 泣くとは聞いておりましたが、はい泣きました~歳とると涙腺ゆるむってホントだね~(苦笑) 大型ショッピングモールの中にあるシネコンでの上映。いやあ~観終えて、真っ赤な目と、...

 ⇒ cocowacoco【2008/10/07 12:18】
ダブルヘッダーの2戦目? 23:45上映開始の「おくりびと」を鑑賞。 ほんとは、重そうな気がして見る気はなかったんだけど^^; モントリオール映画祭でグランプリを取ったりしたもんだから、ちょっとミーハー的に^^ 「UCとしまえん」は、この時間でも、かなりの人。...

 ⇒ いい加減社長の映画日記【2008/10/07 05:48】
「おくりびと」オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆納棺師になった青年の成長を通して生と死の意味を問う秀作。納棺の所作と山形の自然が美しい。 【75点】  失業したチェロ奏者の大悟は、ひょんなことから故郷の山形で納棺師という職につく。特異な職業にと?...

 ⇒ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評【2008/10/07 00:01】
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★?...

 ⇒ 京の昼寝~♪【2008/10/06 23:22】
【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲   【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹 ...

 ⇒ +++ Candy Cinema +++【2008/10/06 16:43】
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、山崎努、広末涼子、笹野高史、余貴美子、吉行和子 「オーケストラが解散され無職となったチェロの演奏者だった大悟は妻の美香と故郷に帰った。就職活動をして採用されたのはNKエージェント、納棺師としてだった。 最初は嫌々だ

 ⇒ 日々のつぶやき【2008/10/06 14:41】
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・ド...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/10/05 15:12】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。