上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ショーン・ペン監督作品

『スピード・レーサー』に主演したエミール・ハーシュが
18キロも減量して演じている。



『 そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 』


孤独と大自然の中に幸せを求め旅を続け、
最後には孤独を恐れて死んでいったクリス・マッカンドレス。

映画はとてもすばらしい作品。


イントゥ・ザ・ワイルド-2


ただ、これが実話と思うと、かなり辛い。


イントゥ・ザ・ワイルド-1


複雑な関係の両親と暮らす中で
自分の存在理由とか、人やモノの真の価値とか、
いろいろ考えて旅に出る。

でも旅の途中で人を拒み続けて進んで行くわけでは無い。
助け助けられ、ずいぶんと人懐こい青年という印象だった。

留まることを進めてくれた旅の途中の友人達
同じ環境で育ち暮らし、自分を理解してくれている妹
そして彼が消えた2年の間に変わっていく父と母


彼が、自分が消えたコトで起こる変化を少しでも想像できたなら、

急がずにゆっくりと自分以外を想像できたなら、

『幸福が現実となるのはそれを誰かと分かち合った時だ』

“死”に近づき孤独な中で気づくのではなく、

人と過ごす事で気づけたのではないかと

とても残念な気持ちでいっぱいになった。


スポンサーサイト







ryokoさんへ

コメント、ありがと~♪

自然と孤独と・・・映画は素晴らしいのですけど、
あまりに無謀な旅のようで、これが本当のコトと思うと、
人として、親として、やっぱりショックですね。
考え直すチャンスは何度もあったのにと思えて残念です。





mezzotintさんへ。

コメント、ありがとうございます。
TBもいつも頂いてますのに、失礼にもはじいちゃいましたか...
TBは、ホント気紛れで困りますね。

>地図も持たず、少量の食料だけで行くと決めていたようです。
映画を見ても、そのあたりをずいぶん不安な気分で見ていましたが、
そうなると、ある意味、キツイ状況も覚悟の上ということでしょうけど、
“死”という結末もあるというコトは想像していなかったのでしょうかね。
子を持つ母としては、あの状況で子供が逝ってしまうのはかなり辛いです。


【2008/10/25 00:38】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
いとっち さん
今晩は☆★
TBありがとうございました!こちらかも、しましたが。
はじかれてしまい、入りません。ということで、コメントにて
失礼いたします。すべてを捨てて、旅に出た最後は何とも
いえない孤独の中での死・・・・。地図も持たず、少量の食料
だけで行くと決めていたようです。自らその選択したのですから、
あのような結末になっても仕方ないのかもしれません。
それにしても、自然はやはり恐ろしいとつくづく感じました。
生きて帰るつもりだったのに、残念ですね。
【2008/10/24 18:48】 URL | mezzotint #za3Mv/QM[ 編集]
いとっちさん、こんばんは~!
TBありがとうございます。
離れて初めて見えてくるものもあるし・・・
折角旅を通して、一人でなく「045幸せを感じるのは誰かと分かち合える時」と気付いたのにあんな結果になったのはなんとも残念です。
無事に帰ってこれたなら・・・と考えずにはいられませんね。
【2008/10/20 00:11】 URL | ryoko #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


「Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会...

 ⇒ むーびーふぁんたすてぃっく【2010/01/16 19:41】
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]エミール・ハーシュ, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ウィリアム・ハート, ジェナ・マローン, ショーン・ペンHappinet(SB)(D) 2009-02-27売り上げランキング : 1920おすすめ平均 生きるってなんだろういいんだけど・・・Into The MindAmazonで...

 ⇒ ペパーミントの魔術師【2009/07/17 02:09】
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました

 ⇒ 心の栄養♪映画と英語のジョーク【2009/03/11 10:23】
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい~衝撃の実話の映画化~ 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長くて?...

 ⇒ 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2008/10/31 00:35】
ショーンペンが監督した作品だから、見に行こうかなぁとは思っていたものの、裕福な若者が何もかもを捨てて一人アラスカを目指す話?それって、大自然との闘いみたいなの?一人で行くってことはセリフもめちゃ少ない?寝てしまうかも?とちょっと、迷い気味だったワタクシ...

 ⇒ シネマ日記【2008/10/28 15:11】
大学を卒業したクリスは、金も車も捨てて、家族に何も告げる事無く放浪の旅に出る。様々な地をさまよったクリスは、旅の集大成としてアラスカに向かう。 アカデミー賞俳優ショーン・ペンが監督したロードムービー。クリス・マッカンドレスという青年がアラスカの奥地で遺...

 ⇒ 5125年映画の旅【2008/10/25 07:12】
優秀な人間は時として奇行起こす 【Story】 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れる...

 ⇒ Memoirs_of_dai【2008/10/24 21:10】
「Into the Wild 」2007 USA 裕福な家庭に育った青年が文明を捨て荒野へと旅立つロード・ムーヴィー。 クリスに「卒業の朝/2002」のエミール・ハーシュ。 母親ビリーに「ポロック2人だけのアトリエ/2000」「ルイーズに訪れた恋は/2004」のマーシャ・ゲイ・ハーデ...

 ⇒ ヨーロッパ映画を観よう!【2008/10/24 20:38】
 INTO THE WILD  優秀な成績で大学を卒業したクリストファー・ジョンソン・マッカンドレス(エミール ・ハーシュ)は、誰にも告げるこ...

 ⇒ 真紅のthinkingdays【2008/10/24 20:34】
この映画を見終わった後、少しだけショーン・ペンが羨ましく思えました。おそらく彼はこの『荒野へ』という原作を映画化したことで、彼の中での「幸福論」に答えを出すことができたのでしょう。幸せなんて人それぞれ千差万別、なのに世間は人並みの幸せを求めている矛盾。...

 ⇒ めでぃあみっくす【2008/10/24 15:48】
「イントゥ・ザ・ワイルド」、観ました。 俳優ショー・ペンが監督した実話が元の映画。青年が己の魂と折り合いを付けるためにアメリカ中...

 ⇒ クマの巣【2008/10/24 13:50】
ロシア映画「12人の怒れる男」公開の最終日、折角銀座まで遠出したので 帰りにこれまた見たかった本作を109シネマズ川崎で鑑賞。 「12人の・・・」は2時間40分、本作は2時間28分、トータル5時間超え{/face_acha/} ちょっと無茶をしてしまいました。 私の無?...

 ⇒ 映画の話でコーヒーブレイク【2008/10/20 00:03】
【36-18-】  今日から10月、今月は下半期のスタートということで、いろんなことが変わります。 ◆ 政管健保→協会けんぽに ◆ 厚生年金の保険料 149.96/1000(労使各々74.98/1000)→153.5/1000(76.75/1000) ◆ 姥捨て山医療制度、失礼、長寿医療制度(←嘘つき)...

 ⇒ 労組書記長社労士のブログ【2008/10/19 20:22】
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。

 ⇒ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★【2008/10/19 03:29】
監督:ショーン・ペン共演:エミール・ハーシュ、ヴィンス・ヴォーン、キャサリン・キーナー 他 ステータス:撮影中 原作邦訳あり Watch the l...

 ⇒ Kristen Stewart News【2008/10/19 03:04】
何もかも捨てて、放浪の旅に出てアラスカを目指した青年の姿を描いた ドラマ。原作はジョン・クラカワーの『荒野へ』。優秀な成績で大学を卒業したクリス。両親を嫌っているクリスは 義務で大学を卒業したことで、自由を求めて家族を捨て放浪の旅にでる。 道中、彼はいろ?...

 ⇒ だらだら無気力ブログ【2008/10/18 08:08】
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Into The Wikd) ----これって、今回のカンヌ映画祭審査委員長ショーン・ペンの 最高傑作と言われている超話題作だよね。 トレーラーでは「きみの青春は...

 ⇒ ラムの大通り【2008/10/18 00:03】
ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (397) イントゥ・ザー・ワイルド(ネタバレ編) -とてもつらい映画である。しかし顔を背けさせない真摯さに強く引きつけられる 少し前に歌人の俵万智の話を聞いたときのことだが、彼女が言っ...

 ⇒ ヒューマン=ブラック・ボックス【2008/10/17 21:45】
名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現{/star/}監督、脚本した会心作{/atten/} 試写行って来ました。 全米で大ベストセラーとなったジョン・クラカワー原作の「荒野へ」で実話。 持ってたチラシをじっくりみてなかったから、てっきりショーン・ペン主演してる...

 ⇒ 我想一個人映画美的女人blog【2008/10/17 21:41】
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンドレ...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/10/17 21:27】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。