上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







18世紀末のスペイン。

宮廷画家ゴヤが描いた2枚の肖像画・少女イネスとロレンソ神父。

宮廷画家ゴヤは見た-2

宮廷画家ゴヤは見た-1

ねちっと薄気味悪いロレンソ神父が強化した異端審問。

そのせいでイネスは無実の罪で異端審問所に囚われてしまうことになる。


異端審問・フランス革命・ナポレオン軍、
動乱のスペインでめぐり会ってしまったこのふたりの
厳しく凄まじい一生がゴヤの目を通し描かれていく。

宮廷画家ゴヤは見た-4

拷問され囚われ歳を取りボロボロの姿になり、
それでも純真なイネスを演じたナタリー・ポートマン。
余りに辛く重いストーリーで
今回も凄い演技を見せてくれています。


スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名...

 ⇒ KINTYRE’SDIARY【2010/12/29 12:28】
今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最終?...

 ⇒ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画【2009/09/11 03:28】
見応えのある作品でした

 ⇒ 心の栄養♪映画と英語のジョーク【2009/04/30 16:53】
★★★★★ 危険な世界だー。 歴史のお勉強になった。 さすが、ハビエル・バルデム。 もう、こんな役ばっかじゃん! でも、今回はナタリー・ポートマンに感動した。ラストには、彼女のそばにいてあげたくなったの。

 ⇒ 映画初日鑑賞妻【2009/01/08 18:23】
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任...

 ⇒ ★YUKAの気ままな有閑日記★【2008/11/21 19:05】
激動の時代のスペインを描いた、歴史大作。重厚だけれど、娯楽色を失わない、ミロス・フォアマン監督の\'06年の作品。アメリカ。

 ⇒ レザボアCATs【2008/11/14 18:03】
邦題がもうちょっと何とかならなかったのかと、話題の「宮廷画家ゴヤは見た(GOYA\'S GHOSTS)」を見てきました。原

 ⇒ Wilderlandwandar【2008/11/06 02:21】
ゴヤが市原悦子のようにこっそり覗き見しているイメージで、『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 ★★★★ 王から直々に依頼を受ける宮廷画家であり、教会に天井画を書くことがあるかと思えば、庶民には世俗を強烈に風刺した毒々しい版画を売るゴヤ。 激動の時代の?...

 ⇒ そーれりぽーと【2008/11/05 19:53】
監督:ミロス・フォアマン 出演:バビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 「宮廷画家のゴヤは肖像画の依頼を何枚か受けていた。裕福な商家の美しい娘イネスと異教徒狩に積極的な神父ロレンソ、この二人が数奇な運命で出会うことになる

 ⇒ 日々のつぶやき【2008/11/05 15:05】
「Goya\'s Ghosts」2006 USA/スペイン 18世紀末~19世紀にかけ激動のスペインを舞台に、宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤの目を通して描かれた人間ドラマ。 ロレンソ神父に「「コレラの時代の愛/2007」「ノーカントリー/2007」のハビエル・バルデム。 裕福な商人...

 ⇒ ヨーロッパ映画を観よう!【2008/11/03 20:56】
スペインの天才画家ゴヤが活躍した時代を背景に、ゴヤの目を通して 少女と神父が辿る数奇な運命を描いた歴史ドラマ。18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家として活躍していた フランシスコ・デ・ゴヤ。彼に肖像画を描いてもらっていた裕福な商人の 娘であるイ?...

 ⇒ だらだら無気力ブログ【2008/11/03 14:58】
それは、立ち入り禁止の、愛。

 ⇒ ひるめし。【2008/11/03 11:51】
昨夜、試写会で「宮廷画家ゴヤは見た」を観た。 18世紀の終わりから19世紀初めのスペインが舞台。カルロス4世に使える王の画家だったゴヤ(ステランス・スカレスガルト)の目を通して激動の時代を描いた大作。 タイトルから、宮廷スキャンダルの話かと思っていたが、主..

 ⇒ シネマ大好き【2008/11/03 08:59】
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。

 ⇒ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★【2008/11/03 02:30】
映画 「宮廷画家ゴヤは見た」 GOYA\'S GHOSTS を観ました         ミロス・フォアマン監督 2006年 アメリカ/スペイン <ネタバレしてます> ん~私には難しかったか・・・。 画家のゴヤの物語ではないと先に聞いてはいたが、何を描きたかったのか今一分かん...

 ⇒ cocowacoco【2008/11/03 01:40】
 GOYA\'S GHOSTS  1792年、スペイン。カソリック教会では、ロレンソ神父(ハビエル・バルデム) の提案で異端尋問が強化され、商人の娘イネ...

 ⇒ 真紅のthinkingdays【2008/11/03 00:24】
 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なので...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/11/03 00:02】
(原題:Goya\'s Ghosts) ----これって久しぶりのミロス・フォアマン監督作品だよね。 なかなか気に入ってるみたいじゃニャい? 「うん。実に見応えがあったね。 映画とはこうあってほしいというお手本のような作品。 なんといってもジャン=クロード・カリエールが 脚本...

 ⇒ ラムの大通り【2008/11/02 23:43】
何やら某TVドラマのような邦題だが、天才画家ゴヤの目を通して、人間を喜劇にも悲劇にも振り分ける時代そのものを描く物語だ。異常な異端審問がまかり通る18世紀のスペイン。天使のような少女イネスと、巧みに時の権力に取り入るロレンソ神父は、共にゴヤのモデルだが、...

 ⇒ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評【2008/11/02 23:17】
ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるための?...

 ⇒ 花ごよみ【2008/11/02 22:47】
公式サイト。原題:GOYA\'S GHOSTS、ミロス・フォアマン監督、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール。尋問と告白が政治力学でころころと立場も内容も変わってしまう。原題・GOYA\'S GHOSTSは?...

 ⇒ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン【2008/11/02 22:42】
ゴヤが、いったい何を観たのか?? 『カッコーの巣の上で』『アマデウス』{/fuki_suki/}と2度のアカデミー賞作品賞受賞暦を持つ ミロス・フォアマン監督作。 脚本 ミロス・フォアマン、ジャン=クロード・カリエール 原題は「GOYA\'s GHOSTS」 『宮廷画家ゴヤは見た』...

 ⇒ 我想一個人映画美的女人blog【2008/11/02 22:27】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。