上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









青い鳥
青い鳥-1

自殺未遂を起こし転校していった同級生。

そのクラスにやってきた吃音の臨時教師 村内先生。

巧く喋れないから、少ない本気の言葉で伝えていく。

“イジメ”と“冗談”・・・受ける側とする側の気持ちの違い
いつも笑って話していたから大丈夫。
笑ってじゃなきゃ辛いことを話せない人もいる。

「忘れるなんて、ひきょうだな」
学校側に押し付けられたキレイな反省だけを残して
“人”を忘れていくことを許さない。


静かに、
少ない台詞で、
伝えていく感じが心地よかった。



スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


 11月30日午後6時30分新宿武蔵野館にて・・。 「す、すべて忘れて、い、い、一からやり直すなんて、ひ、卑怯だ・・!」 阿部寛演ずる村内先生の、この言葉がずーんと私のからだを突き刺しました・・・。 いじめにより自殺未遂事件があった東ケ丘中学2年1組・?...

 ⇒ まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!【2008/12/26 07:14】
製作年度 2008年 上映時間 105分 原作 重松清 脚本 飯田健三郎/長谷川康夫 監督 中西健二 音楽 まきちゃんぐ 出演 阿部寛/本郷奏多/伊藤歩/井上肇/太賀 重松清の同名短編を阿部寛主演で映画化したヒューマン・ドラマ。いじめ問題が深刻化した中学校に現われた吃音...

 ⇒ to Heart【2008/12/20 22:50】
オープニングの「鋼の心」とエンディングの「さなぎ」の主題歌を歌っているのが、今年デビューしたばかりのまきちゃんぐ(岡山県)~心に沁みる素晴らしさ~ とある中学校でのいじめ自殺未遂事件、当人は転校し、クラスの全員は反省文を書き、事件は収束したかの...

 ⇒ 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2008/12/20 11:43】
いじめ問題を扱う映画だが、被害者を不在にして加害者の意識を問うスタンスがユニーク。いじめを苦にした生徒が自殺未遂事件を起こしたクラスに、吃音の臨時教師・村内がやってくる。いじめた生徒の存在を忘れることをひきょうだと言う村内は、無人の机に挨拶を続けるが、...

 ⇒ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評【2008/12/17 23:31】
公式サイト。重松清原作、中西健二監督、阿部寛、本郷奏多、伊藤歩、井上肇。いじめ自殺未遂事件で世間を賑わした中学校に代理で赴任した謎の臨時教師村内(阿部寛)。単に吃音がひどいということでなく、全体的風体に不気味なものがあり、ある面ホラー的雰囲気すら醸し出し...

 ⇒ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン【2008/12/17 09:15】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。