上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








大学教授デヴィッド=ベン・キングズレーと教え子のコンスエラ=ペネロペ・クルス

30歳も年の離れたふたりの愛を描いた作品。

エレジー-1

可愛く美しく...ペネロペ・クルスはとてもキレイで、
年齢差のある愛にもまっすぐで...

男の方は若く美しい彼女を愛することで、
嫉妬の心・独占欲、そして自分の老いを意識していく。

自信たっぷりに見えていたのに、
本気になっていくことでその自信が不安に変わっていって、
複雑な感情をコントロールする事ができなくなって
結局は嘘で傷つけて逃げてしまう。

エレジー-2

このひとつの愛だけでなく、デヴィッドの周りのいろいろな愛が描かれる。
親子の愛情、結婚のない男女の愛、男同士の友情とその友人夫婦の愛。

若さや美しさから逃げて、大切な友情が消えて、
孤独とか愛とか死とか、いろいろなモノを感じることになる。
微妙な感情の変化、周りにある愛との関わり方への変化。



『死ぬまでにしたい10のこと』 『あなたになら言える秘密のこと』の
イサベル・コイシェ監督の作品というコトで出かけたのだけれど、
美しいペネロペの身体めあてと思われるひとりおじさんが多くて、
( ゜_゜;) ちょっとビックリ! 
ワタシの隣の席もおじさんで、おかげでなかなか集中デキズ。

色っぽさよりも・・・かなり繊細な作品です。


スポンサーサイト







いとっちさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
年老いてもある意味“決断力”は残しておきたいですね(笑)
スカッシュなんて、とても年寄りのできるスポーツじゃないのに、
頑張ってる意味ないじゃ~んって言っちゃいました(爆)
ペネロペ、綺麗でした^^
TB何度か試みましたが珍しく反映されませんでしたm(__)m
【2009/02/05 17:52】 URL | cyaz #ID9gmbWk[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


あらすじ美しい女学生コンスエラと彼女より30歳年上の老教授デヴィッドが恋に落ち・・・。感想ロサンゼルス映画批評家協会賞助演女優賞受賞69年の年間ベストセラー1位全米図書...

 ⇒ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...【2011/01/13 19:46】
現代アメリカ文学の巨匠、フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を映画化した大人の愛の物語。セックスから関係をスタートさせた男女が、真の愛に目覚めるまでをしっとりと描く。身勝手な大学教授役に『砂と霧の家』のベン・キングズレー。美ぼうのヒロインを...

 ⇒ サーカスな日々【2009/10/17 01:53】
久しぶりに、“愛の物語”を見たかなぁ

 ⇒ 心の栄養♪映画と英語のジョーク【2009/08/03 09:52】
「死」の姿もちらつくなかでの、老いらくの恋。 じわじわと見せてくれます。

 ⇒ 或る日の出来事【2009/06/07 07:00】
ふむ。なんだか感想を書くのが難しい映画です。すごく良かったって人も結構いるんだろうなぁ。ワタクシはちょっとなぁと思ったけど。ワタクシが登場人物の誰にも特に感情移入できなかったからかもしれません。まー、単なる年老いた男のファンタジーっていうか、、、これは...

 ⇒ シネマ日記【2009/05/28 09:09】
■ シャンテシネにて鑑賞エレジー/ELEGY 2008/アメリカ/112分 監督: イザベル・コイシェ 出演: ペネロペ・クルス/ベン・キングズレー/パ...

 ⇒ 映画三昧、活字中毒【2009/05/26 20:55】
30歳の年齢差のある男性教授と女子学生の恋愛を描いた作品です。

 ⇒ 水曜日のシネマ日記【2009/05/26 12:37】
昔読んで好きだった「さようならコロンバス」や「素晴らしいアメリカ野球」の作者であるフィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を「死ぬまでにしたい10のこと」というより「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ監督が映画化した年の差カップ...

 ⇒ 俺の明日はどっちだ【2009/05/26 10:22】
たとえ恋愛経験豊富でも・・・・・。 いつも恋するときは、初恋と同じ?なるほどね。どんなに多くの恋を経験しても、そのことが活かされるものではないのだ!要するに相手が変われば、その恋愛のかたちも違うから・・・・。もうこれで恋はお終いなんて、失恋や別れを経験...

 ⇒ 銅版画制作の日々【2009/05/26 10:04】
今週の週末ナイトショウは・・・ 公開初日の「レボリューショナル・ロード」や「007償いの報酬」、 先週公開された「感染列島」も観たかったけど・・・ ひらりん的にはやっぱり、ペネちゃんモノを最優先。

 ⇒ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★【2009/05/26 00:51】
初老の大学教授デヴィッド・ケペシュ(ベン・キングズレー)は、 30歳も年の離れた学生のコンスエラ・カスティーリョ(ペネロペ・クルス)...

 ⇒ 心のままに映画の風景【2009/05/26 00:32】
からだから、こころから、あなたを消せない。もう一度、愛したい。

 ⇒ ひるめし。【2009/05/25 23:00】
官能的な肉体を持つ、親子ほどに年の離れた若い女に心乱される老年の男。 フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」をもとに、「死ぬまでにしたい10のこと」のイサベル・コイシェ監督が作り上げた世界は大人のための愛の物語。 物語:年齢差30歳、生まれも育...

 ⇒ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2009/05/25 01:18】
映画『エレジー』公式サイト 監督:イサベル・コイシェ 出演:ペネロペ・クルス、ベン・キングズレー、パトリシア・クラークソン、ピーター・サースガード、デニス・ホッパー、デボラ・ハリー 2008年/アメリカ/112分 おはなし Yahoo!映画 大学教授のデ...

 ⇒ Rabiovsky計画【2009/05/24 16:17】
この映画を観る前は何となく『嘆きの天使』や『ベニスに死す』みたいに、老人が若者に恋してしまい、ボロボロになって破滅していく話を想像していたのだが、この『エレジー』の場合は途中で思いを遂げることができるのだが、そうなったらそうなったで大変、という物語だっ...

 ⇒ 古今東西座【2009/05/24 02:02】
少し前の話となるが、まずはペネロペ・クルスの受賞を喜びたい。初めて彼女 を見たのは「オール・アバウト・マイ・マザー」(1998年)。おすぎの『私はこの 映画をすすめるために映画評論家になりました』という絶賛のCMで、見に行 き、これは趣味があわないなあとおもっ?...

 ⇒ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)【2009/05/23 16:53】
なんとも切ない作品でした…。

 ⇒ My Favorite Things【2009/02/15 23:57】
「Elegy」2008 USA イザベル・コイシェが奏でる、ベン・キングズレー&ペネロペ・クルスによる“男と女の愛の物語”。 コンスエラ・カスティーリョに「ノエル/2004」「ボルベール/帰郷/2006」「恋愛上手になるために/2007」のペネロペ・クルス。 デヴィッド・ケペ...

 ⇒ ヨーロッパ映画を観よう!【2009/02/08 00:35】
あなたは 歳の差、30歳以上の相手と恋愛出来るか?! 『死ぬまでにしたい10のこと』『あなたになら言える秘密のこと』のイサベル・コイシェ監督の新作。 東京国際映画祭で去年秋上映されたけど行けなくてすごく楽しみにしてた映画 やっと公開。試写で観て来ました~ ...

 ⇒ 我想一個人映画美的女人blog【2009/02/05 00:20】
 『からだから、こころから、あなたを消せない。 もう一度、愛したい。』  コチラの「エレジー」は、ピューリッツァー賞作家のフィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ監督が映画化した1/24公開のラ...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2009/02/04 22:23】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。