上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








チェンジリング-0

突然消えた息子。

帰ってきたのは見知らぬ少年。

チェンジリング-1

チェンジリング-3

誘拐・殺人・腐敗した警察

息子を探す母と真実との戦い。


重苦しいテーマに映画だけれど、

アンジェリーナ・ジョリーの演技に引き込まれた。


実話を基に描かれたクリント・イーストウッド監督らしい重厚な作品。






*招待券で¥0鑑賞でした。


スポンサーサイト







良い脚本、良い監督、良い俳優がそろえば、
見るものに感動を与えることができる、
そう言う映画でした。
【2009/05/23 18:49】 URL | KGR #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


あらすじ1928年。シングル・マザーのクリスティンの9歳の息子ウォルターが失踪する。5か月後、警察に息子を発見したと聞かされるが・・・。感想オスカー監督『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドによって信じられない実話を基に作られ、アカデミ...

 ⇒ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2010/03/02 23:49】
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...

 ⇒ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画【2009/10/11 03:47】
アンジェリーナ・ジョリー主演!ある日突然、消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった…。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあっ...

 ⇒ DVD YouTube CINEMA【2009/09/11 05:49】
アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した 「17歳のカルテ」と同じぐらいに、 今回の演技は魅了されてしまった。 実話がベースになっていて、1920年代の警察の腐敗、 体質に驚かされた。

 ⇒ 気ままな映画生活【2009/08/02 20:41】
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです

 ⇒ 心の栄養♪映画と英語のジョーク【2009/07/24 00:55】
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの――?

 ⇒ Addict allcinema 映画レビュー【2009/07/21 16:27】
アンジェリーナ・ジョリーは、 この映画でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。 クリント・イーストウッド監督にしては珍しく戦う教会が出てくる。 2009/2/10、一番町の東宝東和試写室での開催。 36席はすでに埋まり、通路に置いた椅子に座る。 予...

 ⇒ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR【2009/05/23 18:47】
1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と...

 ⇒ 心のままに映画の風景【2009/05/15 00:59】
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件~ 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザ...

 ⇒ 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2009/05/14 01:23】
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?

 ⇒ ひるめし。【2009/05/12 20:59】
実話だというのが ホントに恐ろしいです。 理不尽にもほどがあります! 警察の横暴も凄いし それに精神病院も 酷すぎる・・・・。 でもそれだけではない、 クリント・イーストウッド作品は 奥が深いです! 1928年3月、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ?...

 ⇒ ルナのシネマ缶【2009/05/11 23:23】
チェンジリング 245本目 2009-6 上映時間 2時間22分 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ガトリン・グリフィス ジョン・マルコビッチ ジェフリー・ドノバン 会場 TOHOシネマズ府中 評価 8点(10点満点)  イーストウッ...

 ⇒ メルブロ【2009/05/11 23:17】
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 【Story】 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の...

 ⇒ Memoirs_of_dai【2009/05/11 21:53】
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消?...

 ⇒ ★YUKAの気ままな有閑日記★【2009/05/11 21:12】
1928年、ロスアンゼルスで実際に起きた出来事。ちなみに“チェンジリング”とは、“フェアリーなどの伝承の生物と秘密裏に取り替えられた子供”と言う意味。ヨーロッパなどで、広く伝承されてきた話だそうです。 20世紀初頭のアメリカの司法・警察機関って、どこも腐敗し...

 ⇒ 勝手に映画評【2009/05/11 21:07】
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映...

 ⇒ めでぃあみっくす【2009/05/11 21:06】
『True Story』とあって最初から最後まで過度な演出もなく淡々と進むストーリーでしたが、アンジェリーナ・ジョリーが銃を持ったりせず暴力的で...

 ⇒ 尼崎OSよ永遠なれ【2009/05/11 01:16】
チェンジリング True Stary 本当にあった話。 1928年シングルマザーのクリスティン、ある日、休日出勤を頼まれ仕事を終えて戻ってくると、息子のウォルターが消えていた。警察に届け出るが「朝には帰ってくる」の一点張りで、取り合ってもらえない。 5ヶ月後に「息子が?...

 ⇒ 犬・ときどき映画【2009/05/10 20:35】
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...

 ⇒ 銅版画制作の日々【2009/05/10 01:56】
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリード..

 ⇒ だらだら無気力ブログ【2009/04/08 01:40】
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、コルム・フェオール、ジェイソン・バットラー・ハーナー 監督クリント・イーストウッドが実話を基にして作った作品は(私の知っ...

 ⇒ アヤは観た。【2009/03/31 10:10】
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリ?...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2009/03/31 07:08】
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...

 ⇒ +++ Candy Cinema +++【2009/03/30 21:55】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。