上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






TVのニュースも真実は無い。
全てを操る独裁国家。

  Vフォーヴェンデッタ
これも原作がコミックなんですね。


革命をおこす謎の男“V”と、彼に助けられたことで巻き込まれ
最後の決断をすることになるナタリー・ポートマン演じるイヴィー。 


  Vフォーヴェンデッタ②


国家犯罪・復習といったところには目新しさはないのですけど、
全体的に暗く静かな映像の中に仮面の“V”と イヴィー がなぜかしっくり溶け込んで、
不思議な映画になっています。



結果。
孤独なふたりが引き合うのはレオンとマチルダのようだし、
漂う感じは『オペラ座の怪人』みたいだし...といった映画です。
スポンサーサイト







水無月さん。

ナタリー・ポートマン・・・坊主頭もキレイでしたよ!
(・_・)......ン? ってトコもありながら
何故か嫌いではない映画でした。
【2006/05/05 09:44】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
cherryさん。
TB&コメントありがとうございます。

笑ってるようなあの仮面は確かにインパクトありましたよね。
ナタリー・ポートマンが坊主になるトコ、
予告でさんざん見ていた場面があんな設定とは...納得いかないですよね。
【2006/05/05 09:40】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
こんばんは。
最近、コミック原作の映画が多いですよね。
ナタリー・ポートマン、きれいですね!
【2006/05/04 20:31】 URL | 水無月 #-[ 編集]
TBありがとうございます(^0^* )
【オペラ座の怪人】と似ているような印象を持たれた方が多かったでみたいですね
でもあの仮面はちょっとインパクト強すぎでした( ̄∇ ̄;)
【2006/04/29 22:16】 URL | cherry@Cinemermaid #yx9fSxcY[ 編集]
hideさん。
TB、今日もやってみたのですけど、
(∋_∈) ダメでした。
前にお邪魔したときはできた筈なんですけど...
諦めずにTRYしてみますね。
【2006/04/29 06:17】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
いとっちさんコメント有難うございます
>こちらからもTBしてるんですが...
>ダメみたいです

(^_^;)大変申し訳有りません。hideもログインしてて、たまたまTBやコメントする方が立て込んでると、そのような事が起るかも知れません。(TB承認機能とか制限は一切掛けて居ません)
また、別の機会の時に・・・お気軽にどうぞ

“V”と イヴィーの関係は、『レオン』や『オペラ座の怪人』の関係と類似するのは確かにhideも思いました
【2006/04/27 21:56】 URL | hide #GxAO5jdM[ 編集]
ミチさん。
TB&コメント、ありがとうございます。

たしかに政治的なトコロは疑問を抱きつつ観てましたね。
それでも、なんたって、エプロン姿の “V” と
坊主頭のナタリー・ポートマンにやられた!って感じです。
【2006/04/27 21:52】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
hirxさん。
コメントありがとうございます。

前売りをお持ちなんですね。

あちこちで感想を読ませて貰ってるのですけど、
『意見が分かれる映画ですよね』って感想もありますし...

観てからの感想もお待ちしてます。
【2006/04/27 21:30】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
こんにちは♪
TBありがとうございました!
最初から最後まで釘付けになったということはやはりストーリーテリングの妙だと思いました。
政治的な面では複雑な感想を持ちましたが、Vという人物はとても魅力的だったな~と思います。
仮面をつけたままでもその下の表情が分かるような演技でしたね~。
【2006/04/26 22:43】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
TBありがとうございます。

「Vフォー・・・」は前売り券を買っているのですが、まだ見てません。不思議な雰囲気の映画なようですね。

観に行くのが楽しみです。今後ともよろしくお願いします。
【2006/04/26 22:04】 URL | hirx #7mJJwqD.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


 『自由を! 永遠に!』  4/22公開のコチラの映画の試写会に行って来ましたぁ~♪ナタリー・ポートマンがスキン・ヘッドにしちゃったり、ヒューゴ・ウィーヴィングが徹頭徹尾仮面を着けての出演、ウォシャウスキー兄弟の最新作など話題も盛りだくさんの映画ですね。 ...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2009/05/23 21:31】
この映画、話題になりましたが、どういう映画か今ひとつわからず。そういえば、タイトルもわかりにくいですね。まぁ、面白いという噂ですが。というわけでDVDで鑑賞。世界戦争大戦後に独裁国家となった近未来のイギリスでは、夜間外出を禁じる戒厳令と、徹底した言論

 ⇒ 映画、言いたい放題!【2006/10/17 17:55】
さるおです。 『V FOR VENDETTA/Vフォー・ヴェンデッタ』を観たよ。 監督は『STAR WARS: EPISODE II - ATTACK OF THE CLONESスター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『THE MATRIX RELOADED/マトリックス・リローデッド』のアシスタント・ディレクター、ジェームズ

 ⇒ さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー【2006/09/26 03:26】
A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 A-(演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力4/テンポ3/合計41)『評論』ガイ

 ⇒ ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!【2006/09/19 16:05】
監督:ジェイムズ・マクティーグ出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、ジョン・ハート評価:90点公式サイト(ネタバレあります)独特の世界観と特異なキャラで2時間以上をきちんとひっぱるごっつい映画。ううむ、魅せられ...

 ⇒ デコ親父はいつも減量中【2006/09/16 18:00】
監督 ジェームズ・マクティーグ 主演 ナタリー・ポートマン 2005年 イギリス/ドイツ映画 132分 アクション 採点★★ あれ?この映画の舞台、近未来のイギリスってことになってるけど、メディア操作と自作自演めいた惨事で国民の恐怖を煽り、その恐怖を基に国民の忠誠心を

 ⇒ Subterranean サブタレイニアン【2006/09/10 09:51】
『Vフォー・ヴェンデッタ』ナタリー・ポートマンの坊主頭が印象的なこの映画は、『マトリックス』の製作チームが再結集して生まれた作品です。最初この映画はナタリー・ポートマン演じるイヴィーと、仮面の男Vのバトルアクションだと思って観ていました。しかし待てど暮ら

 ⇒ Tokyo Bay Side【2006/07/20 22:30】
「V フォー・ヴェンデッタ」 V FOR VENDETTA/製作:2005年、ア

 ⇒ 映画通の部屋【2006/06/17 20:38】
ウォシャウスキー兄弟の名前にひかれて「Vフォー・ヴェンデッタ」を観ました。ナタリー・ポートマンもレオンの頃からいい役者だなと思っていましたが、喜怒哀楽を実にうまく表現します。最後まで仮面をかぶったままのVとの対比で一層ポートマンが引き立っています。舞台は

 ⇒ 文学な?ブログ【2006/05/29 00:11】
今日は『Vフォー・ヴェンデッタ』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 予告編から政治っぽく

 ⇒ しましまシネマライフ!【2006/05/14 12:49】
 仮面の主人公と女性の奇妙な同居生活というシチュエーション、どこかで観たことがあるシチュエーションと思いきや『美女と野獣』。それもディズニー

 ⇒ シネクリシェ【2006/05/13 11:03】
≪ストーリー≫独裁国家と化した近未来の英国。夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、街角で危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男に救われる。不正と暴虐にまみれた政府転覆をはかるVは、手始めに中央刑事裁判所を爆破。国の圧制を糾弾し、11月5日の“ガイ・フォーク

 ⇒ ナマケモノの穴【2006/05/11 19:42】
Vフォー・ヴェンデッタ原題: V for Vendetta (2005)2006年4月22日 日本初公開公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/vforvendetta/新宿ミラノ座2006年5月1日(月)1時40分からの回ゴウ先生ランキング: C+

 ⇒ 映画と本と音楽にあふれた英語塾【2006/05/09 20:25】
『Vフォー・ヴェンデッタ』レビュー!原題 V FOR VENDETTA人民が政府を恐れるのではない!\(+_・。)/ギョッ!PEOPLE SHOULD NOT BE AFRAIDOF THEIR GOVERNMENTS.政府が人民を恐れるのだ!(≧_≦)GOVERNMENTS SHOULD BE AFRAIDOF THEIR PEOPLE."Remember, remembe

 ⇒ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!【2006/05/07 14:55】
4月22日から公開されている「V フォー・ヴェンデッタ」を観ました。(英題は「V for Vendetta」)タイトルの最初の”V”は、”ヴィー”と言う謎の仮面の男の偽名です。そして”ヴェンデッタ”と言うのは、「血の復習」とか「かたき討ち」と言うような意味らしい。この映

 ⇒ GOOD☆NEWS【2006/05/06 13:36】
人民が政府を恐れるのではない!政府が人民を恐れるのだ!!「マトリックス」3部作のクリエーターによる衝撃の宣戦布告

 ⇒ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2006/05/06 13:12】
近未来、第三次世界大戦後のイギリス。イヴィー(ナタリー・ポートマン)は上司との食事に出かける途中、自警団に見つかってしまう。深夜の外出は犯罪とされている。そこへ謎の仮面の男『V』が現れ、イヴィーを救う。Vは彼女を裁判所付近の建物の屋上へ連れていく。Vが指

 ⇒ 絵のない絵日記【2006/05/06 12:52】
TOHOシネマズになった六本木ヒルズで、恒例のカウントダウン上映を。人生初のデジタル上映!(フィルムではない!)音もサイコー!。単なるダーク・ヒーローものだと思っていたら、内容が濃く深い。痛烈な反ファシズム・未来社会警告だな。「V(ビジター)」を思い出した。

 ⇒ 八ちゃんの日常空間【2006/05/06 09:24】
Vフォー・ヴェンデッタ上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴィ、、、あたしと、チャイコフスキーの大序曲「1812年 」との出会いは、今をさかのぼることン十数年前、10才くらいの頃のお話。あたしの母方親族って、音楽好きな人が多くって、その一人、オーディオマ...

 ⇒ 猫姫じゃ【2006/05/04 18:42】
今日は2本目の映画 「Vフォー・ヴェンデッタ」だよぉ~! ストーリー 第3次大戦後、独裁国家となったイギリス。 ある夜、イヴィーは街の自警団に絡まれていたところを仮面姿の男“V”に助けられる。 彼はイヴィーに自分が企てた爆弾テロの現場を見せると、颯爽と姿を消

 ⇒ ☆えみたんの日記帳☆【2006/05/04 18:14】
久しぶりに水曜日が休日だったので、もう一本観たくなり選んだ映画が「Vフォー・ヴェンデッタ」です。「面白いかな?」と半信半疑だったんですが、とても面白く、大絶賛です。難しいストーリーかと思いきや、わかりやすく、悪者はことごとく悪者として描かれています。この

 ⇒ まぁず、なにやってんだか【2006/05/04 08:46】
映画[ V フォー・ヴェンデッタ ]@吉祥寺で鑑賞。ナタリー・ポートマンと丸刈りに、プロデュースが[ マトリックス ]のウォシャウスキー兄弟ということで[ V フォー・ヴェンデッタ ]を観ることに。

 ⇒ アロハ坊主の日がな一日【2006/05/03 08:50】
【鑑賞】試写会【日本公開】2006年4月22日【製作年/製作国】2005/イギリス=ドイツ【監督】ジェイムズ・マクティーヴ【出演】ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/スティーブン・レイ/ジョン・ハート【原題】“V FOR VEDETTA”【原作】デイビッ...

 ⇒ 映画日記【2006/05/02 20:47】
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(127) Vフォー・ヴェンデッタ-Vは、全ての人々の心の奥に住んでいる。この映画を観る上で、知っておかなければならないことがいくつかある。これからこの映画を観....

 ⇒ ヒューマン=ブラック・ボックス【2006/05/02 16:01】
今年45本目の映画鑑賞です。マトリックスのスタッフが再びということでかなりの期待をしていたのですが・・・『V』って一体何者なの?これはどういう時代背景なのって???がいっぱい頭に浮かんでいるうちに完全に映画から取り残されてしまいました。面白くなかっ...

 ⇒ Alice in Wonderland【2006/05/02 16:01】
滅茶苦茶腑に落ちないのに感動してしまって、なんだか狐に化かされた気分です。

 ⇒ 映画をささえに生きる【2006/05/02 14:14】
これは、近未来を描いた政治的な人間ドラマじゃないでしょうか。アクションもあるけれど政治的な背景や、人間関係のほうにウェイトがある作品です。独裁者とは何か?ファシズム独裁政治を倒すために必要なことは?“V”のようなテロは認められるのか?国民が求めるヒーロー

 ⇒ UkiUkiれいんぼーデイ【2006/05/02 10:10】
予告で観ていた印象と結構違う感じがしました。なんといっても、仮面の男”V”がもっとアメコミヒーローちっくなのかなって思ったらそうでもなかった。でも、あの仮面を使って、おふざけにならなかったのは凄いねぇ。なんだか、イヴィーとVの関係が「オペラ座の怪...

 ⇒ ☆ 163の映画の感想 ☆【2006/05/02 09:08】
3回観ても意味不明だった【マトリックス】どうもこのシリーズは私には拒否反応があるらしい( ̄∇ ̄;)で、今日の映画鑑賞はそのシリーズの監督ウォシャウスキー兄弟による脚本の作品だったので、最初はまたダメかな~~~と思ったが予想に反して分かりやすく楽しめた♪

 ⇒ Cinemermaid【2006/04/29 22:07】
ナタリー・ポートマンが髪の毛剃ってまで出演した・・・って作品。イギリスが独裁国家になったぁーーー・・・って話だったのかなっ。詳しい内容を知らずに見てみることに・・・。

 ⇒ ひらりん的映画ブログ【2006/04/29 04:25】
   かなり、異色というか、風変わりな作品でした。 しかし・・・かなり面白かった。映画としての完成度も抜群に良いのではないでしょうか。 観る方によって、色々と考えさせられる映画ですね。 物語は、独裁国家として描かれる未来のイギ....

 ⇒ とにかく、映画好きなもので。【2006/04/28 17:31】
それじゃオペラ座やん!(爆) 剣を持たせたら、なんとなくゾロだし、 いろんな仕掛けをしたり、追っ手をするりとかわすとこなんざ ルパンだし、あーもう、これってパロディ映画? ゴードンのブラックコメディ、 ナタリーポートマンの萌え~コスプレ(ケバくない?) 見所

 ⇒ ペパーミントの魔術師【2006/04/28 14:06】
いひひ。仮面もらっちゃいました!   「Vフォー・ヴェンデッタ」だけに、v(。・ω・。)ぶィっ♪ なんちゃって。さてさて、今日からコレで夜の街に繰り出すか?鬼退治だーッ!おーっ!(^o^)/ヾ(・ω・o) ォィォィ鬼退治チャウガナ【2005年 イギリス・ドイツ映画/試写

 ⇒ こっちゃんと映画をみまちょ♪【2006/04/28 08:29】
試写会2本立てで「Vフォー・ヴェンデッタ」見てきました。 反政府を掲げる復讐と革命の物語。 精神的なところをつつく非常に重厚な映画です。 なのにちょっとうとうとしてしまって面白さ半減(;´д`) その昔イギリスで起こった火薬陰謀事件の首謀者である ガイ・フォー

 ⇒ エモーショナル★ライフ【2006/04/28 01:05】
ストーリー:独裁国家と化した近未来の英国。夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、街角で危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男に救われる。不正と暴虐にまみれた政府転覆をはかるVは、手始めに中央刑事裁判所を爆破。国の圧制を糾弾し、11月5日の“ガイ・フォークス

 ⇒ 徒然なるままに・・・【2006/04/28 00:26】
「V フォー・ヴェンデッタ」V for Vendetta ジャパンプレミア。座席券との引き換え時にチラシを貰ったので、プレスシートはなしかあ、と思っていたら、入場時になんと、Vのマスクをプレゼントしてくれました!これ、すっごい嬉しいかも。結構しっかりした作りだし。遊べる&a

 ⇒ 試写会帰りに【2006/04/27 23:53】
自分の中で期待が大きかったせいか、見終わった後少し肩すかしを食らった感じです。おもしろいにはおもしろかったのですが、手放しで楽しめるといったふうではないかもしれません。あのいかにも胡散臭い仮面男Vはよかったですね~。奇妙奇天烈で。おまけにちょっとしたお笑

 ⇒ まったりでいこう~【2006/04/27 22:50】
独裁国家となった近未来のイギリスを舞台に、国家へと立ち向かうテロリストの物語です。

 ⇒ 水曜日のシネマ日記【2006/04/27 22:35】
「Vフォー・ヴェンデッタ」を観てきました~♪近未来のイギリス。イヴィー(ナタリー・ポートマン)は、絶体絶命の危機に見舞われたとき、“V”(ヒューゴ・ウィービング)となるの仮面の男に命を救われる。Vは、市民を政府の恐怖政治から解放するテロ活動をしていた・・・

 ⇒ 観たよ~ん~【2006/04/27 22:12】
2006/アメリカ監督:ジェイムズ・マクティーグ出演:ナタリー・ポートマン   ヒューゴ・ウィービング   スティーブン・レイ   ジョン・ハート花火とクラシックと爆発が妙に芸術的に感じちゃった~。しかも街中スミスだらけだぁ~!以下、ネタバレ感想

 ⇒ Lovely Cinema【2006/04/27 21:04】
(完全なまとめ書きですが・・・) 学校が軌道に乗り始め、次は引越しが控えているので早め早めに観に行こうとチャレンジして、行って来ました。「V for Vendetta」じつは、マトリックスはそれ程好きじゃなく(心を使わないからいいんだけど)そのウォシャウスキー兄弟だか

 ⇒ 毎週水曜日にMOVIE!【2006/04/27 20:45】
Vフォー・ヴェンデッタを見てきました。意見はいろいろ分かれるところだと思いますが、すごい良かったです。爆破のシーンは音楽と調和していて、目と耳で楽しめました。映像は、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟のこだわりが随所に感じられるすばらしいでき

 ⇒ ブログ:映画ネット☆ログシアター【2006/04/27 13:44】
『Vフォー・ヴェンデッタ』  公式HPはこちら ←クリック●あらすじ第3次世界大戦後の英国、ファシズム国家と化しいた。ある日の夜、秘密警察に捕まったイヴィー(ナタリー・ポートマン)は、仮面の男“V”(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。だが彼は

 ⇒ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記【2006/04/27 12:05】
こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。さて、昨日(4/23)のエントリーで触れました、当夜に於ける映画鑑賞ですが、結局、新宿に於いて、『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ)の鑑賞と相為りました。件のエントリーでは、まさしく今週末(4/29・土

 ⇒ 太陽がくれた季節【2006/04/27 12:05】
革命は一日にして成らず。されど,変化は一日で実る!

 ⇒ Akira's VOICE【2006/04/27 10:41】
「人民が政府を恐れるのではない。政府が人民を恐れるべきなのだ」おお、かっこえぇー。なんかよう分からんけど、もう一回見たくなる映画それが率直な感想であります。よう分からんとかいうほど、話はややこしくないんですけどね。陰謀の内容とかも別になんも珍しいもんでは

 ⇒ シネマ日記【2006/04/27 10:13】
 スミスが現れた。スミスが現れた。スミスが現れた・・・

 ⇒ ネタバレ映画館【2006/04/27 01:10】
美容院の帰りに映画を観て行こうと思っていつも行くシネコンに立ち寄りました。本命は「アイスエイジ」の字幕版だったけど、時間が合わず、予告編が印象的だったこの作品をチョイスしました。これが、ウーン、微妙に失敗したカモ。映画がダメだったわけじゃなく、けっこうノ

 ⇒ カノンな日々【2006/04/26 23:39】
----タイトルのヴェンデッタってどういう意味ニャの?「字幕やプレスでは“血の復讐”となっていた」----と言うことは、これは復讐譚ニャんだ?「うん。一応はね。復讐の理由は観て確認してもらうことにして、まずは映画の概略を話そうかな。舞台は独裁国家と化した近未来の

 ⇒ ラムの大通り【2006/04/26 23:28】
映画館にて「V フォー・ヴェンデッタ」第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう政治色の強い近未来映画。エンターテインメント性が高く、かついろんな考えさせられる要素を含んでいるのでずーっとスクリーンに目が釘付けだった。ずっと

 ⇒ ミチの雑記帳【2006/04/26 22:40】
ストーリー: 第3次世界大戦後、ファシズム国家と化したイギリスで、夜の街で秘密警察に捕まったイヴィー(ナタリー・ポートマン)は、仮面の男“V”(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。国を憎み、恐怖政治を憂う“V”は、国民を暴君の手から解放する野望をイヴィーに打.

 ⇒ 小生の映画日記【2006/04/26 22:24】
国際フォーラムAホールにてここの会場は広すぎて好きではない。せっかくの舞台挨拶もオペラグラスがないと全然わからないっ!・・・マッチ棒位の大きさだったヒューゴ・ウィーヴィング…爆舞台挨拶後は観客全員で「V」の仮面かぶって写真撮影~{/kaminari/}ちょっと怖かった

 ⇒ シャーロットの涙【2006/04/26 22:21】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。