上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






田舎の風や雨の匂い、火の香り、時には血の臭い…
今までのジブリの映画には何かしらの香りや匂いを
感じながら観てきたのですが、
この映画にはそれが感じられませんでした。


命の重さ。
生きていくこと、死を迎えることがテーマ。
子供には難しいです!
スポンサーサイト







km_achin さん。
コメントありがとです。
子供を連れてもう1度・・・とは今のトコロ思えてませんね。
良かったトコは...
顔は何度も見たことのある感じの〔ウサギ〕でしたけど、
香川照之さんはとても上手、良かったですよね。

【2006/07/29 18:19】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
こんにちは。TBのお返しとコメントもいただきありがとうございました。
後半あたりに心にグッとくるようなセリフがあるのかな、と期待していたのに、あれあれ、という間に映画が終わってしまいました。
ホント普通の映画でした。
【2006/07/25 18:00】 URL | km_achin #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


見えぬものこそ。

 ⇒ Addict allcinema 映画レビュー【2009/06/18 22:36】
ゲド戦記は先週の金曜ロードショーでして17日の午後から見たが 結論から言えば映画館に行き鑑賞しなくて良かったと凄く思うね 内容はゲドの旅にアレンが加わり魔女など出てくる感じだった 冒頭からとか言われてもイマイチ分らん言うか説明が少なく ジブリ作品...

 ⇒ 別館ヒガシ日記【2008/07/19 20:18】
監督:宮崎吾朗声の出演:岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン評価:58点公式サイト(ネタバレあります)世界3代ファンタジーのひとつ、ゲド戦記を宮崎駿の息子、宮崎吾朗が映画化ということで、昨年話題になった作品。スタジオジブリ...

 ⇒ デコ親父はいつも減量中【2007/09/02 14:04】
…「大事にしてない」わけじゃないとは思いますが。宮崎駿のjr.初監督作「ゲド戦記」をレンタル。くはー。悪い魔法使いとでなく、睡魔との闘い。キャラ達に魅力が感じられず…。長く、活きないセリフ群。クライマックスのアレがアレになるシーン。ぽっかーん...

 ⇒ 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」【2007/08/15 12:13】
ジブリアニメ映画の「ゲド戦記」がDVDで出たので、レンタルして見た感想です。 結

 ⇒ Wilderlandwandar【2007/07/07 23:42】
夏休みに従妹と一緒に観てきました。アニメ作品は今年初です。監督  宮崎 吾朗声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之   風吹 ジュン  内藤 剛志  倍賞 美津子  夏川 結衣  小林 薫ストーリー   人の世界に竜が現れ

 ⇒ PLANET OF THE BLUE【2006/09/26 22:48】
「ゲド戦記」観てきました。巷では評判あまりよろしくなかったので、やや期待度低かっ

 ⇒ はらやんの映画徒然草【2006/09/18 20:45】
「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 公開 2006年 主なスタッフ

 ⇒ ジブリトラックバック【2006/09/17 13:53】
世襲監督などと揶揄される、巨匠の息子の監督作品。この映画、意外と好きだったりする。原作は実家にあったが読んだ事ない。原作に関する記憶といえば、金子修介のガメラ2で本棚にしまってある資料を持ってきてもらおうとした水野美紀が「ゲド戦記の後ろに」みたいなこと言

 ⇒ 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ【2006/09/08 15:10】
ゲド戦記2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。息子さんが、初めて監督したんですよね。てか、やっぱり、お子様...

 ⇒ 猫姫じゃ【2006/08/20 01:04】
ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。とは言っても原作は未読。f(^^;)しかしいきなり評判悪いですね、この作品。( ^ _ ^;でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。多島海世界「アースシー」。人間界には現れなかった竜が現れた。聖なる生

 ⇒ 映画、言いたい放題!【2006/08/13 04:16】
「心を何に喩えましょう」映画を見終わって劇場に後にして、そして、数日がたった今でもなお、澄みきった歌声が頭の中でリフレインしています。とても印象的な映画だったと思います。「ゲド戦記」メッセージ性が強い作品だなぁ~と言うのが、一番の印象。CMや劇場予告などで

 ⇒ Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐【2006/08/11 22:20】
はい、こんばんは。いろいろ物議をかもしている「ゲド戦記」見てきました。悩む~。あっぷするのにすごい時間かかってます。偏見のかたまりの自分自身が面白くないなあって、思った映画はDVDでも、山ほどあって、それは、ブログには、書いていません。否定的な...

 ⇒ 雪華と、うふふ【2006/08/11 16:36】
映画「ゲド戦記」の感想です。

 ⇒ 徒然なる日記【2006/08/11 11:40】
ジブリ好きなので、今回の「ゲド戦記」はとても楽しみにしていました。…しかし前評判通り、正直あまり良い出来とは言えませんでした。まず話の前後がぽっかり抜けている為、主題が何なのかよく分からず疑問がたくさん残ります。またセリフが説明口調で堅い。ジブリの持ち味

 ⇒ Tokyo Sea Side【2006/08/08 15:04】
評価:★4点(満点10点) 監督:宮崎吾朗主演:岡田准一 手嶌葵 田中裕子 小林薫 夏川結衣2006年 115minかつて人と竜はひとつだった。世界の均衡(バランス)が崩れつつある、、、。災いの源を探る旅に出た大賢人ゲドは、心に闇をも....

 ⇒ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)【2006/08/07 20:37】
見終わった後、wikiで調べてみたところ、このゲド戦記(原題はEARTHSEA)は世界三大ファンタジーと言われているらしく、他の二つが指輪物語(Lord Of The Ring)とナルニア国物語。なるほど。で、今回のスタジオジブリのゲド戦記はその中の第三作目の「さいはての島へ(The

 ⇒ バイヤーKENの全力疾走「商売日記」【2006/08/06 20:52】
●スタジオジブリの「悲劇」を露呈しつつも、ブランド力を知らしめた作品●名前・言葉・言霊の題材が興味深い。主人公の成長を意識的に描こうとする姿勢がいい。必要なのはストーリーづくりのノウハウ。これからでも遅くはないのでノウハウを作ることからはじめよう。

 ⇒ わかりやすさとストーリー【2006/08/06 16:58】
スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記」観賞。この映画は一幅の掛け軸のようだ。示唆に富んでいるというよりは、メッセージそのもの。その掛け軸には??「人は自然の均衡のなかにあり」??と書かれている。

 ⇒ やまたくの音吐朗々Diary【2006/08/05 06:57】
2006年07月29日公開のアニメ映画「ゲド戦記」を見ました。* ネタバレあり *見終わって最初に思ったことは、パパ・宮崎駿さんが作ったらどんなだったかな~?と…ナンセンスなことですがね。ストーリーは均

 ⇒ 映画★特典付き前売り券情報局【2006/08/05 01:31】
『ゲド戦記』前評判を見る限りあまり期待しない方がいいのは分っていましたが、それでもなぜか期待してしまうのがスタジオジブリ。けれど今回ばかりはガッカリと言わざるを得ません。状況説明は全部セリフで言ってしまうし、場面転換も荒削り、ジブリ映画に欠かせない“愛く

 ⇒ Tokyo Bay Side【2006/08/04 21:52】
≪ストーリー≫竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はともに旅を続

 ⇒ ナマケモノの穴【2006/08/04 18:25】
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』  公式HPはこちら ←クリック●あらすじある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中で国

 ⇒ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記【2006/08/04 09:14】
 宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。

 ⇒ よしなしごと【2006/08/04 00:09】
ゲド戦記 Tales From Earthsea (2006/日本)アレンが岡田君に見える件監督・脚本宮崎吾朗 Goro Miyazaki原作アーシュラ・K・ル=グウィン Ursula K. Le Guin 『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)声の出演岡田

 ⇒ 壺のある生活【2006/08/03 20:41】
 宮崎吾朗監督第一作作品。と銘売ってますが、誰!?と思った人は多いはず。スタジオジブリの新作という事もあって、劇場は混雑していました。 舞台は多島海世界“アースシー”世界の均衡が崩れ始めていると異変を感じ取った大賢人ゲドことハイタカ(菅原...

 ⇒ とにかく、映画好きなもので。【2006/08/03 20:40】
story ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新

 ⇒ 土曜の夜は・・・【2006/08/01 23:25】
竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はともに旅を続け、ハイ...

 ⇒ 空の彼方へ【2006/08/01 08:30】
『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ命を大切にしないやつなんて大っ嫌いDA!!!!by テルー世界の均衡を崩す者の正体をつきとめる旅に出た大賢人ゲドが国を捨てた王子アレンと出会う★review★ 本作は、宮崎駿のご子息"宮崎吾朗"の 初 監督作品!ヾ(☆

 ⇒ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!【2006/07/31 18:25】
「今回は止めておこう。」と、多忙な日々を送る中で諦めていた映画「ゲド戦記」の初日鑑賞。しかし、最近の作品は全て初日公開に足を運び続けてきたという妙なプライドが、公開前日に迷いを呼び起こす。この日は久し振りに友人にダーツに誘われるも、意識は虚ろ。頭の....

 ⇒ STABLO.G|スタブロのブログ【2006/07/31 13:39】
舞台挨拶シリーズも定着してきたのかな?(ぉぃ今回は、邦画では一番の超大作『ゲド戦記』でございます。ジブリの舞台挨拶は、『猫の恩返し』以来2度目。あの時は、鈴木敏夫Pにサインもらったっけ(爆)にしても、東宝系映画の舞台挨拶、日劇でやる事減ってきたなぁ・・・

 ⇒ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο【2006/07/30 12:59】
家族連れで見に来ることが予想される作品で、父殺しの逸話をいれたことは勇気ある決断だったと思う(ただし、この逸話を宮崎父子の対立といったワイドショー的なネタとからめてプロデューサーが話題にするのはどうかと思うが

 ⇒ Kinetic Vision【2006/07/30 11:12】
家族で映画鑑賞です。待ちに待っていたゲド戦記(b^-゜)

 ⇒ 新・里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々【2006/07/30 07:00】
本日公開・・ということで「ゲド戦記」見てきました。先週から『ゲド戦記歌集』聴いて、期待感を盛り上げていたこともあり、とっても楽しみにしていたので・・・・冒頭に、第一巻の巻頭詩が紹介され、 ことばは沈黙に 光は闇に 生は死の中にこそあるものなれ 飛翔せる..

 ⇒ システムエンジニアの晴耕雨読【2006/07/30 00:29】
『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)  原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣、香川照之、内藤剛志、倍賞美津子、 風吹ジュン、菅原文太☆s.

 ⇒ 映画鑑賞★日記・・・【2006/07/30 00:18】
出掛けたついでに友人と観てきました。初日だったからかけっこう人がいましたね。宮崎アニメということもあってか、子連れの方もちらほらといました。夏休み中でもあるから余計に親子連れがいるのかな?とりあえず楽しめ

 ⇒ まったりでいこう~【2006/07/29 21:25】
深みに欠ける部分はあるけれど,絵画的な背景で展開される人間ドラマが,ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り,響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。

 ⇒ Akira's VOICE【2006/07/29 18:01】
ジブリ最新作は父駿から息子吾朗に世代交代の第一作「ゲド戦記」原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで超有名なんですってね。私はどれも原作を読んでいませんが。今回は期待半分と、がっかり覚悟半分で観て来ました。★★★“宮崎アニメ”という括りで言うなら、今

 ⇒ そーれりぽーと【2006/07/29 16:25】
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニア国ものがたり』と並んで<世界三大ファンタジー>と称されて

 ⇒ 【徒然なるままに・・・】【2006/07/29 15:42】
 日本 アニメ&ファンタジー&ドラマ 監督:宮崎吾朗 出演:(声の出演)     岡田准一      手嶌葵     菅原文太     田中裕子多島海世界アースシーでは西海域の果てに棲む竜が突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それ...

 ⇒ Saturday In The Park【2006/07/29 14:12】
『ゲド戦記』(2006年公開)*試写会監督:宮崎吾郎声 :岡田准一公式HP『ゲド戦記』を試写会で観ました。なんとなく物物しい雰囲気だったので、「まさか岡田くんが」と勝手にドキドキしていましたが、ゲストは監督・手島葵さん・...

 ⇒ Cold in Summer【2006/07/28 11:43】
[ゲド戦記]は宮崎駿の長男・宮崎吾朗の初監督作品でもあり、キャラクターはジブリの流れを受け継いでいるものの、作品は宮崎吾郎が自分の持つ世界観を表現したもので、ジブリ作品と切り離して楽しむべき映画です。作品の根底には現代人のかかえる心の闇が描かれていて、..

 ⇒ 映画館で見たい映画【2006/07/27 16:39】
試写会で観てきました。スゴイ人出でした。<日比谷公会堂>監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K・ル=グウィン脚本:宮崎吾朗 丹羽圭子 美術監督:武重洋二 音楽:寺嶋民哉うーん。丁寧なアニメーション映画。流石ジブリ。大作と言って良いと思います。2時間じっくり

 ⇒ お萌えば遠くに来たもんだ!【2006/07/25 15:03】
アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。実は、宮崎アニメはかなり苦手。でも、宮崎吾郎監督の第一回監督作品

 ⇒ まぁず、なにやってんだか【2006/07/25 14:24】
きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。ゲド戦記かつては同じ世界にいたヒトと竜。自由を求めた竜と、モノを求めた人間は袂を分かつ。時は流れ現代。人間界に突

 ⇒ APRIL FOOLS【2006/07/22 11:07】
『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深い。

 ⇒ よろ川長TOMのオススメ座CINEMA【2006/07/18 02:20】
娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト) 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】宮崎吾朗【プロデューサー】鈴木敏夫【脚本】宮崎吾朗/丹羽圭子 【原作】アーシュラ・K・ル=グウィン  『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)【声の出演】

 ⇒ アンディの日記 シネマ版【2006/07/18 00:29】
7月29日から公開されるスタジオジブリの最新作『ゲド戦記』の試写会に行ってきました。この映画は宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗氏の初監督作品です。

 ⇒ 翠の独り言【2006/07/17 23:58】
今日は某雑誌で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本当

 ⇒ しましまシネマライフ!【2006/07/17 20:59】
----この映画って話題だよね。なんと言っても宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎が監督している。「うん。しかも彼が第一回監督作品として選んだのが『指輪物語』『ナルニア』と並び称されるファンタジー文学『ゲド戦記』というんだから、嬉しいような悲しいような」----なんで悲しい

 ⇒ ラムの大通り【2006/07/17 13:33】
『ゲド戦記』試写。ジブリ作品の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』は好きですが、それ以降の作品からはあまり期待しないように。でも、どんなストーリーでも楽しめるシーンが必ずあるので、その期待値は毎回高くなる一方でもあります。 今回の『

 ⇒ 試写会帰りに【2006/07/17 12:00】
試写会があたったので瑠璃さんと見に行ってきました。。。 感想ですか・・・・ ねむたかったぁ~って言ったら「寝てたじゃん」って。。。 はい、寝てました(- -;) ストーリーがスローテンポ。どんでん返しもないサプライズもない。 途中寝ててもしっかりお話はわかり

 ⇒ ちわわぱらだいす【2006/07/17 11:15】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。