上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






むかしむかし、ずーっと昔。
すっかり子供の頃に、NHKでやっていたドラマがコレでした。
(深まった年がバレますが…)
毎日だったのか週一だったのかは忘れたけれど
確か夕方の6時頃、すごく真剣に、要するにハマッタのです。
本も買い、続編も見て、その本も買う。

その後の映画やドラマは全く見ていませんが、
記憶の遠くにコレが有り、
そんなワケで少々思い入れがあるお話です。

          時をかける少女

映画は続編と言うか、世代交代というか、現代のお話です。
ストーリーも、登場人物も、セツナイ別れも、
ちゃんと過去を受け継いで進んでいきます。
ただ、現代っ子は時間を移動するコトにこれっぽっちも
戸惑ったりしませんね。

懐かしく新しく楽しめたけど、
タイムリープの時の明るい画面(不思議の国のアリス?)は
ワタシの想いとは少し違ったなっ。
TVの薄暗いイメージがあるからかも知れませんね。
それと、芳山和子の声は原田知世さんだったらなぁー、なんてちょっと思ったりもして。




★パンフレットにあった「映像の歴史」より...

NHK少年ドラマシリーズ 『タイム・トラベラー』
1972年1月1日~2月5日
土曜日18:05~18:35に放映
最終回しか映像が残っていないようで、
観た人の記憶にだけ残っている幻のTVドラマ なのだそうです。

・・・私は、そのを観た数少ない一人のようです。
スポンサーサイト







2ヶ月もホッタラカシにして
コメントのお礼もすっかり遅れて
スミマセン!
こんなトコですがぜひまた来てくださいね。



はっちさんへ。

お褒めいただいて...ありがとです!
でしょ!
原田知世さんの声なら、おばちゃんも更にワクワクです。(笑)
それに、真琴と話す内容にも説得力があるというものです。




Agehaさんへ。

あら。
Agehaも をご存知なのですね。
・・・ということは深まった年齢も同じくらいかしら?

理科実験室・ラベンダーにケン・ソゴル
そうです、そうです。
特にラベンダーはどんな香りなのかも知らないくせに
何だか鼻がムズムズとして匂いを嗅いだ気になってました。(笑)
【2006/10/08 08:51】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
少年ドラマシリーズ!!!

ご存知な方がおられるとは。

私もかなりおぼろげな記憶でしかないのですが、
理科実験室とラベンダーだけがやたら記憶に残ってて。
あと、ケン・ソゴルという未来人の名前。

イマドキのタイムトラベラーを楽しみつつ
しっかり昔の話とも「芳山和子」を通してリンクする。
ネタバレしてるのに面白かったのは、はじめてでした。
コレはオススメです。ホント。
【2006/08/07 22:13】 URL | Ageha #-[ 編集]
TBどうもでした~♪
>芳山和子の声は原田知世さんだったらなぁー、なんてちょっと思ったりもして。
おっ!鋭い!なかなかエエ点に着眼しましたねぇ~♪確かに、知世ちゃんが吹替えしたら、僕たちみたいなおっちゃん涙でまくりでしたよ~♪(笑)
【2006/08/07 21:48】 URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


 『待ってられない 未来がある。』  コチラの「時をかける少女」は、7/15公開になったアニメ映画なんですが、何だかアチコチでかなり評判が良いみたいなので、思わず観て来ちゃいましたぁ~♪なかなか面白かったですよ~っ!  実を言うと筒井康隆の原作も読んだ事が...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/10/26 20:22】
時をかける少女。「去年もT

 ⇒ kasumidokiの日記【2008/07/27 12:25】
今月は地味ーーーーに、ファンタジー特集してるので、この作品も選んでみました。 タイトルで思い出すのは、大林宣彦監督の尾道三部作で原田知世が主演した実写映画。 しかし、筒井康隆の原作も読んではいないので、内容はほとんど覚えてないよ。

 ⇒ ひらりん的映画ブログ【2008/02/20 23:14】
先日TV放送された、時をかける少女(アニメ映画版)を見ました。原作小説、実写映画版は未見ですが、今回放送された、アニメ映画版は時代設定から、キャスティングに至るまで大幅リメイクが施されているということで見てみました。まず、最初に期待していたのは、ハイビジョ..

 ⇒ 色即是空【2007/08/01 07:38】
TV鑑賞―【story】高校2年生の紺野真琴は、学校の実験室で不思議な体験をし、それ以来時間を跳躍するタイムリープの力を身につけてしまう。はじめはそれを利用して日々を楽しんでいたが、親友であった男友達の間宮千昭と津田巧介との「友情」と「恋」に微妙な変化が起こって

 ⇒ ★YUKAの気ままな有閑日記★【2007/07/23 10:45】
おお振りはで三橋が塁に挟まれて花井ホームインで判定を待って受験の神様は姿勢から始まって徹夜で授業と神様は厳しい事をするし時をかける少女は原作や実写を見た事が無くてアニメを見たのだけど映像は綺麗し3人の関係などストーリーも良くて10点中8点だよ6時前

 ⇒ 別館ヒガシ日記【2007/07/22 20:13】
あらすじ高校2年生の紺野真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子にその能力のことを相談するとそれは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだというが・・・。感想『ゲド戦記』、『ブレイブ ..

 ⇒ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ【2007/07/02 21:10】
角川エンタテインメント 時をかける少女 通常版  『時をかける少女』 待ってられない未来がある。    ( ゚Д゚) ハァ? 2006年夏、『ヘボ戦記』や『ブレイブ・ストーリー』が撃沈する中、劇場数が少ないにもかかわらず口コミで評判になり連日

 ⇒ 唐揚げ大好き!【2007/06/04 05:41】
監督:細田守声の出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、原沙知絵評価:83点公式サイトあれはあれでよかったけど、これはこれでいいなあ。エンディングはお決まりの別れだけど、チアキの最後のセリフがゾっとするくらいかっこよかった....

 ⇒ デコ親父はいつも減量中【2007/05/17 22:20】
「日本以外全部沈没 」のレビューでも書きましたが私は筒井康隆氏の作品のファンです。でも実は大林宣彦監督の「時をかける少女」はあまり好きではありません。このアニメ版「時をかける少女」は評判いいですね。映画館に観に行こうと何度かトライしたのですが満員でいつ

 ⇒ 映画、言いたい放題!【2007/05/13 15:42】
時の亡者にならないよ「時をかける少女」アニメ版をレンタル。く~!絵(たまにブレますが)良し!キャラ良し!コメディなとこ良し!背景良し!そして声良し!主人公・真琴役の仲里依紗ちゃん。めちゃうま。また夏になったら見ようかな。「時をかける少女NOTEB...

 ⇒ 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」【2007/05/02 17:05】
去年劇場で観損ねて、DVDになるのを実は待っていたらしい(笑)『時をかける少女』友人に2006年公開の日本のアニメで何がベストってたずねられたときに、観てないくせにたぶん”これ”と答えてた作品です。^^;『ゲド戦記』や『ブレイブ・ストーリー』なんかの大作の影

 ⇒ 黒猫のうたた寝【2007/04/28 23:02】
軽やかにジャンプしたくなる青春映画。

 ⇒ Akira's VOICE【2007/03/21 18:21】
基本情報 「時をかける少女」(2006、日本) 監督:細田守(デジモンアドベンチャー、ワンピース劇場版) 脚本:奥寺佐渡子(お引越し、学校の怪談) 製作:渡邊隆史 原作:筒井康隆 キャラクター・デザイン:貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン) 出演:仲里依紗、石田卓也

 ⇒ Production Rif-Raf【2007/03/15 06:52】
NHK版、知りません。原田知世版、恋の物語。内田有紀版アイドルドラマ。そしてアニメ版、ほろ苦い青春ドラマ…。山本奈々版リメイク、もっと知りません。南野陽子版TV…全く知りません。内田有紀版の芳山和子の妹が安室奈美恵だったと言うことは…、真琴の母親は美人だった.

 ⇒ 八ちゃんの日常空間【2007/01/27 23:55】
NHK版、知りません。原田知世版、恋の物語。内田有紀版アイドルドラマ。そしてアニメ版、ほろ苦い青春ドラマ…。山本奈々版リメイク、もっと知りません。南野陽子版TV…全く知りません。内田有紀版の芳山和子の妹が安室奈美恵だったと言うことは…、真琴の母親は美人だった.

 ⇒ 八ちゃんの日常空間【2007/01/27 23:54】
【恵比寿ガーデンシネマ】明るく元気な高校2年生、紺野真琴(声:仲里依紗)は、優等生の功介(声:板倉光隆)とちょっと不良な千昭(声:石田卓也)と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っていた。そんなある日の放課後、真琴は理科準備室で、突然現れた人影

 ⇒ CINEMANIAX!【2007/01/04 20:54】
”Time waits for no one.”(時間は誰も待ってくれない。)SF作家界の巨匠・筒井康隆氏の代表作の一つで在り、”永遠のジュブナイル小説”と言っても過言では無い「時をかける少女」。幼少時にこの作品を読み、その不思議な世界に何度思いを馳せた

 ⇒ ば○こう○ちの納得いかないコーナー【2006/11/29 04:49】
時をかける少女  これ前々から観に行きたかったんだよね。  で、何だかんだと行けずじまいで気づいたら、もう終映間近の滑り込み状態!  なんとか間に合ったけど・・・ふぅ。  とりあえず佳作だね。  この映画。  多分「時かけ」を初めて観る高校生なんかは「感動!か

 ⇒ jizo.net【2006/11/16 03:09】
筒井康隆の名作「時をかける少女」を、映画、TVドラマ、リメイクを経て、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。監督は『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』の細田守。声の出演は約200名超のオーディションで選ばれたヒロイン・紺野真琴役の

 ⇒ 酒焼け☆わんわん【2006/10/29 13:25】
 最近昔の映画やドラマのリメイクや新シリーズが多いですよね。スケバン刑事、セーラー服と機関銃など。そう言えば時をかける少女も曲はよく聴くけど、ストーリー知らないと思い、見に行く事にしました。と言うわけで今回は時をかける少女です。

 ⇒ よしなしごと【2006/10/22 01:38】
 時間を跳躍する力がもしあったら、どうしますか? やはり過去に行って、失敗した事を修正したり、後悔した事をやり直したりするのでは無いでしょうか。 欲望のままに行くなら、やはりギャンブルやお金といった事に関して使う人もいるでしょう。....

 ⇒ とにかく、映画好きなもので。【2006/10/17 20:26】
●いい意味で敷居が低い、物語づくりにおけるビックキーワードをしっかり練り込んだ「走れ真琴」の良質アニメーション作品●これなら評判がいいのもごもっともだ。

 ⇒ わかりやすさとストーリー【2006/10/17 16:11】
17才、タイムリープ覚えたて。待ってられない未来がある。製作年:2006年 製作国:日本監 督:細田守 出演者:仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/谷村美月 時 間:100分[感想]この映画かなりの口コミで人気らしい・・・。そんな評判良いならせっかく川崎で上映し

 ⇒ ひるめし。【2006/10/15 14:49】
 いや~、スゴい! 私が観た回に関して言えば、上映時間を10分も遅らせるほどの客入りで、映画館は入場客でごった返し、この作品の評判&人気の高さを伺わせました。 舞台挨拶か何かがあるのかと思ったら全然そんなことはなくて普通の上映回で、係員には立ち見になるかも

 ⇒ 海から始まる!?【2006/10/09 18:52】
今日は『時をかける少女』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 7月15日(土)に公開され

 ⇒ しましまシネマライフ!【2006/10/09 08:59】
「時をかける少女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2006年/アニメ映画 *主なキャラクター(声優):紺野真琴(仲里依紗)、間宮千昭(石田卓也)、津田功介(板倉光隆)、芳山和子(原沙知絵)、藤谷果穂(谷村美月)、早川友梨(垣内彩未)、紺野

 ⇒ 映画レビュー トラックバックセンター【2006/10/08 20:57】
『時かけ』といえばふつー大体思い出すのは原田知世主演のやつだようです。二十年以上前のですね。注☆ネタバレあります。たぶん。でも、私はもーっとずっと前にNHKでやった『タイムトラベラー』が基準点です。『原田時かけ』の時も、「あ、タイムトラベラーのやつだ」..

 ⇒ ふつうの生活 ふつうのパラダイス【2006/10/08 08:46】
ネットの評判というのはすごいものだ。評判どおりすごくよかった。今夏のアニメ映画作品としてダントツの好評価。確かにさもあり何という感じである。絵がものすごくうまくて、美しかった。なにしろあの崩壊した『ゲド戦記』を見た後なのでなおさらです。またまだ、アニメ..

 ⇒ ふつうの生活 ふつうのパラダイス【2006/10/08 08:45】
あ、タイム・リープできる回数が減ってる・・・6回、5回、4回、今何時だ?9回、8回・・・と増えたりしない。

 ⇒ ネタバレ映画館【2006/10/07 08:46】
◆TBさせて頂きます◆ん~… 不思議なモンです。 基本的に、ボクは衝動的に映画を観るということは無くて。 観る映画は数ヶ月前から決めて、チラシ集めて、前売り券買って、満を持して観に行くんです。 当日券で観た映画って、凄く少ないんですよね。値段、高いし。 そんな

 ⇒ 『真・南海大決戦』【2006/10/05 18:33】
何だかやたら評判が良いのでだんだん気になってきてしまい、観に行きました。恋にオクテな普通の高校生の恋愛モノといった要素と、タイムリープ(時間跳躍)能力というSFっぽい要素が盛り込まれており、最後までなかなか楽しむコトができました。どこにでもありそうな自然な

 ⇒ Tokyo Sea Side【2006/09/28 22:05】
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ

 ⇒ はらやんの映画徒然草【2006/09/10 19:16】
17才、戻ることのできない夏。待ってられない未来がある。

 ⇒ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2006/09/07 21:20】
監督は2005年春の劇場版『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を手がけた気鋭の監督、細田守。芸術家の村上隆とのコラボレートにより、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンの店舗で上映された短編『SUPERFLAT MONOGRAM』や、六本木ヒルズのコマーシャルも.

 ⇒ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2006/08/28 21:33】
「時をかける少女」★★★☆オススメ細田守 監督、2006年実写版のストーリーを念頭に見はじめたので、途中で混乱した。話を現代に置き換えただけでなくストーリーはほぼ別物だった。主人公の溌剌とした感じや、高校の頃の貴重なムダ使いの毎日が...

 ⇒ soramove【2006/08/17 21:33】
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/シネプレックス幸手で鑑賞結論から書けばすばらしいの一言!主人公が時間を戻ることで出来事が変わっていく様子がおもしろく最後にはちゃんとストーリーがまとまってきれいに終了しまし

 ⇒ 勝弘ブログ【2006/08/15 08:12】
道をかけ 時をもかける ランナー少女  原作もテレビも映画も知っている私。筒井康隆は相当読んだほうだし、テレビは「タイムトラベラー」という題名でNHKでやっていた、あの浅野真弓が島田淳子という名で出始めた頃の作品。して、映画といえば、原田知世というよりも

 ⇒ 空想俳人日記【2006/08/13 07:52】
時をかける少女上映時間 1時間40分監督 細田守 出演(声) 仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 原沙知絵 谷村美月 評価 9点(10点満点) ●『時をかける少女』応援企画 ●公式ブログ ●舞台訪問  都内ではテアトル新宿でしか上映していないので、....

 ⇒ メルブロ【2006/08/12 17:26】
よかった!甘酸っぱくて、可愛くて、フレッシュで切なくて。真夏に飲む爽やかな炭酸飲

 ⇒ 映画とアートで☆ひとやすみひと休み【2006/08/08 15:43】
あなたわたしのもとから~突然消えたりしないでね~ぇ~♪ 結構うさぎの十八番だったりする。。。 どうしても「時をかける少女」って言ったらこれを歌いたくなりますね。 少女マンガを初めて映画で見た。。。? 熊本では上映をしてないみたいだからキャナルでみました~♪

 ⇒ ちわわぱらだいす【2006/08/08 09:48】
タイトル:時をかける少女/邦画アニメジャンル:青春/2006年/100分映画館:テアトル梅田1(96席)鑑賞日時:2005年7月30日(日),14:35~ 満員+立見15人私の満足度:75% オススメ度:75% <序>♪あなた 私のもとから 突然消えたりしなでねーぇー 私は、時をかける少女=

 ⇒ もっきぃの映画館でみよう【2006/08/08 00:09】
まずは公式サイトへ。 http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/ それから TBに来てくださった「海からはじまる」さんとこのレビューが かなり詳しいですので、ご参考に。 ・・・ピョ~~ンって飛んでゴロゴロゴロゴロ。 大概はどっかにぶつかり、さらにはモノがふってくるが

 ⇒ ペパーミントの魔術師【2006/08/07 22:15】
ホントは公開後もっと早い時期に観に行くつもりだったのに、この映画なかなか好評らしくって全国紙の新聞でも何度か記事になってるんですよね。最近の朝日ではこの夏の話題のアニメ作品なんたらとかいう記事で『細田守監督は実は当初「ハウルの動く城」の監督として予定され

 ⇒ カノンな日々【2006/08/07 17:25】
★★★★☆  かなり昔に筒井康隆の原作と、原田知世の映画を観たが、女子高生がタイムスリップするということ以外は、綺麗さっぱり忘れてしまったようだ。原作の発表が1967年頃だから、もちろんケータイなんてないし、女子高生もあんな超ミ二スカをはいているわけがな

 ⇒ ケントのたそがれ劇場【2006/08/07 14:12】
これまでにも何度か映画化・ドラマ化された筒井康隆原作小説を現代版アニメ映画としてリメイクした作品です。

 ⇒ 水曜日のシネマ日記【2006/08/07 12:28】
筒井康隆の名作「時をかける少女」は、これまでに何度も映画化やテレビ化されてきたが、今回、発表以来40年目にして初めてアニメ映画になった。17歳のヒロインは原作にはないオリジナルのキャラクター。まさに2006年版『時をかける少女』と言うべき新たな物語の誕生である..

 ⇒ моя комната ~まやこむなた~【2006/08/07 02:08】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。