上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






この作品の感想をあちこちで読ませていただくと、
ほとんどが不評...
おまけにワタシはキルステン・ダンストが苦手。
でもそんなに不評なのは何故なのかを確認したくなったから、
観に行ってみた。

マリーアントワネット1


期待しないでみる事はある意味面白く見るコツ。

オープニングから飛び出す数々のお菓子やドレス・靴の色彩からも
ふつーにマリー・アントワネットを描くものではない事が分かりますからね。

マリーアントワネット2

マリー・アントワネットだけを正面から映し出した映画。
背負うものの大きさと孤独や寂しさから見いだす楽しみ。

戸惑いながらも母になり大人になり妻になる。
やさしく穏やかな一面も見せながら、
そこまでのマリー・アントワネットを見せる映画です。

期待せず...
漫画も宝塚も無縁だったワタシが想うマリー・アントワネットと
苦手なキルステン・ダンストが何だか結びついちゃって、
・・・ワタシ結構好きでした。



ヴェルサイユ宮殿で撮影された豪華さはたっぷり伝わります。

スポンサーサイト







あさこさんへ。
ワタシも予告を見た段階ではかなりの期待度だったんですけど、
主演がキルステンってコトで観に行く事はないと思ってたんですが、
あまりに皆さんの感想がバラバラで...
そしたら何だか変な好奇心が湧いてきて、(笑)
どのくらいツマラナイのかと観に行ってみたんです。
これくらいヒネクレタ感じで観に行くのもいいのかもしれませんねっ!
【2007/02/26 01:09】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
いとっちさん、こんにちは!
期待しないで見るってけっこういいですよねー。
私、期待して見ちゃったので辛口になってしまいました。
ソフィア・コッポラは女の子の微妙~な閉塞感を描くのがうまいので
この映画でもその手腕は発揮されてたと思います。
キョロキョロわくわくもリアリティありましたね!
それから夫婦のベッドの中のシーンもリアルで
つつましく振舞うアントワネットがけなげでした。



【2007/02/14 14:43】 URL | あさこ #/ew067ss[ 編集]
ももママさんへ。
TB&コメント、ありがとうございます。

ワタシも観ようと決めた映画のレビューは読まないようにしているのですが、
キルステン=苦手な事もあって、これは観るつもりがまったく無かったので
あちこちのレビューを読ませていただいたらあまりに不評で・・・
不評すぎて何だか観たくなって、思わず行って来ちゃった訳です。
予告で見た毒々しいカラフルスイーツも気になってましたしね。
そしたら、意外にも、楽しかったんです。

マリーがヴェルサイユ宮殿に初めて入った時の
キョロキョロ・ワクワクがワタシにも伝わった...
やっぱりソフィアがスゴイってコトでしょうか。
【2007/02/10 22:05】 URL | ・・・いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
TBありがとうございます。
私も実はキルステン、苦手なんです。正直いって美人と思っていない。マリー・アントワネットの役なんかできると思わなかった。
でも、見て納得。キルステンの演じるマリーはチャーミングでした。そして、現代の女の子たちにも通じるものがあった。そんなマリーを映像化したソフィアの着眼点に感心しました。
【2007/02/10 15:49】 URL | ももママ #sBrXkvo6[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


「マリー・アントワネット」 感想 マリー・アントワネット 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユに暮らす孤独な王妃の物語。 ...

 ⇒ むーびーふぁんたすてぃっく【2009/11/16 15:59】
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。

 ⇒ Addict allcinema 映画レビュー【2009/05/25 23:42】
 『恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語』  コチラの「マリー・アントワネット」は、1/20公開になった世界一有名な王妃マリー・アントワネットを描いたヒストリカル・ロマ...

 ⇒ ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/03/21 20:20】
お菓子好きの妹に誘われて ケーキ好きの間では有名なフードライター(?)が主宰する ケーキを食べる会に参加した時、 映画のブログをやっていると言ったら この映画観ましたか?と何回も聞かれました。 お菓子の監修を フランス菓子の老舗”ラデュレ”がというお店が?...

 ⇒ 映画、言いたい放題!【2008/01/29 01:36】
 ソフィア・コッポラ監督の映画「マリー・アントワネット」を見ました。 マリー・アントワネット  オーストリア皇女マリーは14歳の時にフランス王太子ルイ16世の元に嫁ぐことになります。しかし、フランスに嫁ぐということはオーストリアの全てを捨てるというこ

 ⇒ シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記【2007/03/17 11:32】
ストーリーが重視された史劇を期待して観ると、完全に肩透かしをくってしまう作品だけど、華やかな衣装、カラフルな色のケーキの数々、本物のベルサイユ宮殿で撮影された宮殿内の内装、装飾品、美術品は素晴らしいそれプラスPOPな雰囲気も、乙女心をくすぐり(私にそんなの..

 ⇒ honu☆のつぶやき ~映画に恋して~【2007/03/15 07:34】
監督:ソフィア・コッポラ出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、リップ・トーン、スティーブン・クーガン、ジュディ・デイヴィス、ジェイミー・ドーナン評価:70点公式サイト(ネ....

 ⇒ デコ親父はいつも減量中【2007/03/07 00:47】
14歳で結婚、18歳でフランス王妃、彼女の名は、マリー・アントワネット恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語。

 ⇒ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2007/03/04 23:07】
今日は『マリー・アントワネット』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆》 『さくらん』に引き続

 ⇒ しましまシネマライフ!【2007/03/04 10:15】
 上映終了間近のマリー・アントワネットをやっと、やっと見てきました。

 ⇒ よしなしごと【2007/02/26 03:37】
「マリー・アントワネット」を観てきました~♪オーストリアの皇女マリー(キルスティン・ダンスト)は、母親の命令でフランスの王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐ事になる。期待に胸を膨らませベルサイユ宮殿に乗り込んだマリーだったが・・・人気Blogランキ

 ⇒ 観たよ~ん~【2007/02/24 08:15】
もしかして今年初めての映画令 悲しいな~週に1本は見たいのに~輦 見てきました~撚 面白かったです連 子供と見に行ったんだけどさ~ うさぎの年代ってみんな知ってるでしょ?すごく流行ったからさ劣 ベルサイユのバラ&

 ⇒ ちわわぱらだいす【2007/02/17 00:57】
キルスティン・ダンストってこんなに可愛かったっけスパイダーマンのヒロイン役で出てきた時は (=_=;)ナント マア!と思ったもんですが マリー・アントワネットになった彼女はめっちゃ可愛かったですね~とっかえひっかえ出てくるドレスは(今風になってるみたいや..

 ⇒ HAPPYMANIA【2007/02/16 06:14】
平日の昼間、劇場内は女性でいっぱい。まるで宝塚大劇場のような客層。そう、マリー

 ⇒ とっさの絵日記【2007/02/14 14:33】
 '''あらすじ''' 14歳で結婚、18歳でフランス王妃――。 フランス史上最も有名で、最も悲劇的な王妃、'''マリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)'''は、輝かしい遍歴とは裏腹に、内向的な夫との間に長ら

 ⇒ EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど【2007/02/13 19:54】
ベッドルームを愛するすべての人たちへ『マリー・アントワネット』 監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト映画全体としてパーティの喧騒よりパーティの終わりに重心を置いてる作りに、非常に納得がいく。僕らのストックするあの日の思い出で今でも鮮明に

 ⇒ HELLOGOODBYE【2007/02/13 19:27】
14歳のオーストリア皇女マリー・アントワネットは、母マリア・テレジアの命令でフランス王太子に嫁ぐことになる。期待を胸に馬車に乗り込んだ彼女だったが、国境では衣装から下着までをフランス製のものに変えさせられ、愛犬まで取り上げられてしまう。 監督/ソフィア...

 ⇒ 紅梅日記【2007/02/13 01:37】
最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃オーストリア・ハプスブルグ家父・神聖ローマ皇帝フランツ一世と母・マリア・テレジアの娘結婚前のドイツ名(本名)はマリア・アントーニア・ヨゼファ・ヨアンナ・フォン・ハプスブルグ=ロートリンゲン贅の極みを手にし、セレブ

 ⇒ UkiUkiれいんぼーデイ【2007/02/12 09:52】
歴史ものではなくて、甘酸っぱい青春ものなのです。カンヌでは別に評価されなかったし、拡大上映されている日本での評判もたぶん・・・。でも、こういう試みは大好きなの。マリー・アントワネットが主人公のガーリームービー。マリー・アントワネット生誕250周年だなんて知

 ⇒ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2007/02/11 10:21】
ソフィア・コッポラという人はどこかで日本と繋がってくれているので、応援したくなります。もちろん『ロスト・イン・トランスレーション』もありますが、ソフィアが仕切るMILK FEDという日本フランチャイズによるブランドも有名でして、今回のこの映画もベルサイユ

 ⇒ 映像と音は言葉にできないけれど【2007/02/11 07:35】
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(236) マリー・アントワネット-キルスティン+ソフィア=∞?!ひょっとしたら、キルスティン・ダンストという女優のことをひどく勘違いしていたのかもしれない。この映画を見終....

 ⇒ ヒューマン=ブラック・ボックス【2007/02/11 07:14】
キルスティン+ソフィア=∞?! ひょっとしたら、キルスティン・ダンストという女優のことをひどく勘違いしていたのかもしれない。この映画を見終わってそう思った。「エリザベスタウン」のレビューや「チアーズ」のレビューを読んでもらえばおわかりいただける

 ⇒ jamsession123goの主観的映画レビュー【2007/02/11 07:13】
期待値: 68%  ソフィア・コッポラ監督の王宮ガールズ・ムービー。 本物のベルサイユ宮殿と、豪華な

 ⇒ 週末映画!【2007/02/11 00:37】
14歳でオーストリアからフランスに政略結婚で嫁ぎ、歴史に翻弄された世界で一番有名な王妃14歳でオーストリアからフランスに政略結婚で嫁ぎ、歴史に翻弄された世界で一番有名な王妃、マリー・アントワネット。多くの人の目にさらされプライバシーは皆無の上、孤独だった彼女

 ⇒ ももママの心のblog【2007/02/10 15:47】
「マリー・アントワネット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、マリアンヌ・フェイスフル、リップ・トーン、ジェイミー・ドーナン、オーロール・クレマン、アーシア・アルジェント、ジュディ

 ⇒ 映画レビュー トラックバックセンター【2007/02/10 11:46】
《マリー・アントワネット》 2006年 アメリカ映画 - 原題 -MARIE

 ⇒ Diarydiary!【2007/02/10 09:28】
『ヴァージン・スーサイズ』も『ロスト・イン・トランスレーション』も★5でした。(10段階ね)もともとソフィア・コッポラ監督作品はそんなに好きってほどじゃなかったし、フランス、アメリカともに公開後はブーイング、酷評を受けていたしマリーアントワネットがキルステ

 ⇒ 我想一個人映画美的女人blog【2007/02/10 00:49】
この作品の感想をあちこちで読ませていただくと、ほとんどが不評...おまけにワタシはキルステン・ダンストが苦手。でもそんなに不評なのは何故なのかを確認したくなったから、観に行ってみた。期待しない

 ⇒ VIVA!日常【2007/02/09 23:10】
監督がソフィア・コッポラだということよりも、「マリー・アントワネット役がキルスティン・ダンスト!?」ということで興味を惹かれて観に行った作品。この組み合わせ、発表になった時からなかなか面白そうだな~と思っていたんだけど、もう数年前ならもっと良かったかな。

 ⇒ 【徒然なるままに・・・】【2007/02/09 22:11】
最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃マリー・アントワネットに、新たな光をあてた物語。・・・・有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの物語を、1人の女性の成長期としてとらえた宮廷絵巻。幼くして故郷を離れ、異郷フランスの王室で必死に生きた女性の激動の人

 ⇒ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2007/02/09 21:07】
さすがソフィア・コッポラです。 時代劇をここまでアレンジしてしまうとは。 この衝

 ⇒ 犬も歩けばBohにあたる!【2007/02/09 16:23】
マリー・アントワネット生誕250周年ということもあって、(モーツアルトもそうなのよ)色んな記事やいく種もの舞台も見てきたけれど。。。これはソフィア・コッポラのカラーで描く、等身大の娘っ子マリーのお話{/hikari_pink/}{/hikari_pink/}私はべるばら漫画も大好きだし

 ⇒ シャーロットの涙【2007/02/09 15:30】
ソフィア・コッポラが描くポップでロックな青春映画。舞台は18世紀のベルサイユ、主人公はあのマリー・アントワネット。でもこの作品は史劇でも伝記映画でもないんですよね。14歳という若さで母国オーストリアのためにフランス王家のちのルイ16世に嫁ぎ、慣れない生活様式の

 ⇒ カノンな日々【2007/02/09 13:56】
淡白なドラマに眠気を誘われるも,主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。

 ⇒ Akira's VOICE【2007/02/09 10:44】
有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの生活を描いた作品です。

 ⇒ 水曜日のシネマ日記【2007/02/09 10:19】
  MOVX京都にて鑑賞しました。1日のファーストディーということもあり、19:00からの上映もたくさんのお客さんで、いっぱいマリー・アントワネットと言えば、フランス革命を思い出す。オーストリアの皇女マリーが若干14歳の若さでフランス王太子の元に嫁ぐのだが、

 ⇒ 銅版画制作の日々【2007/02/09 09:16】
衝撃っひらりん、ダンスト派に転向か???今週も、見たい作品が目白押しなのに・・・ついついこの映画をチョイスしちゃうとは・・・。

 ⇒ ひらりん的映画ブログ【2007/02/08 23:32】
(札幌シネマフロンティアにて) ありゃりゃ。とんでもなく贅沢なお遊びやってるソフィア・コッポラ監督ね。 さすがセレブな生まれのお嬢様監督よねえ~。 セレブにしてサラブレット。 貧乏映画小僧な若手監督にはありえない感覚をお持ちのよう。 どれだけ舞台が豪華になっ

 ⇒ シネマでキッチュ【2007/02/08 20:37】
原題:Marie-Antoinette「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・ 白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わされたとき、マ

 ⇒ 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~【2007/02/08 12:18】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 映画館で観ましょ♪, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。